病院のガウンしか着られない入院中の子供たちにオシャレなガウンをプレゼントするということ

写真拡大

重い病気だったり、大きな怪我を負っていたり、さまざまな事情で入院中の子供たち。大人の患者と同じように病院のガウンを着て過ごしています。

代わり映えのしない景色の中、毎日同じ服を着て過ごしていると、少しずつ「自分」が失われていくような気がする――そんな不安を抱える子供たちが少しでも笑顔になれるように、カナダの子供向け基金「Starlight Canada」がある取り組みをはじめたそうです。

「Ward+Robes」、10代の入院患者たちにオシャレなガウンをプレゼントする活動です。

【少しずつ自分らしさが失われていく気がする】

「Ward+Robes」の紹介動画でインタビューに応えているのは、重い病気や怪我で入院を余儀なくされている10代の子供たちです。

入院中とは思えないほどたくさんピアスをつけている子や、ブレスレットをしている子、ニットキャップをかぶっている子。決められた病院着を着ていても、できる範囲でなんとかオシャレをしようとしていることがよくわかります。

それでも、子供達は「こんなの、全然ダメ」「毎日皆と同じ服を着て過ごしていると、少しずつ “自分らしさ”が失われていくような気がするんだ」「このガウンを着ていると思うの、私は“私”ではなく、ただの“患者”なんだって」と訴えています。

訴えは切実で、入院生活が子供たちの毎日から鮮やかな色彩を失わせていっていることが、ありありと伝わってきました。

【トップデザイナーが生み出す、世界に一着だけのガウン】

そこで Starlight Canada がはじめた、10代の入院患者へオリジナルのガウンをプレゼントする取り組み「Ward+Robes」。

「子供たちが自分らしさを取り戻せるように」というコンセプトのもと、さまざまな分野のトップデザイナーとチームを組み、病院のガウンをデザインしていきます。デザイナーの中には、かつてデヴィッド・ボウイの衣装デザインをしたという人も!

「このガウンを着てくれた子供たちに、少しでも力を与えることができれば」と、テキスタイルをデザインした女性は語っていました。

そうして病院に届けられたのは、たくさんの個性豊かなガウン。子供たちは、目を輝かせながらあれこれを見比べてお気に入りを選んでいました。その様子が本当に楽しそう! 笑顔から、喜びとワクワクが伝わってきます。

【オリジナルガウンで取り戻せた「私らしさ」】

ガウンのタグには「あなたは『ほかの誰でもないあなた』。だから、あなたのガウンもほかの誰とも違うものを着てください」と書かれていました。

「そのとおりだよ」とうなずく子。「これでようやく、病院の外にいる私と同じ私になれた」と喜ぶ子。さまざまなデザインのガウンを着た子供たちは大はしゃぎで、ここが病院のなかであることを忘れてしまいそうなほど。

好きな服を着たい、オシャレをしたい……ごく当たり前の欲求ですが、入院中の子供たちにとって、それはどれほど切ない願いだったことでしょう。

薬や治療法とはまた別の、でも子供たちに必要なケア。自分らしくありたいという願いと、それが叶えられるということ。「Ward+Robes」の取り組みの持つ意味に、胸を打たれる動画でした。

参照元:Ward+Robes [公式サイト、YouTube]
執筆=森本マリ (c)Pouch

この記事の動画を見る