大相撲第58代横綱・千代の富士の九重親方が7月31日、すい臓がんのため都内の病院で亡くなった。61歳だった。ウルフの愛称で親しまれ、歴代2位(当時)の優勝31回を誇り、1989年には角界初の国民栄誉賞も受賞した大横綱。精悍なマスクと彫刻のような美しい肉体から繰り出す左前まわしを引く電光石火の速攻相撲は、広く国民的な人気を集めた。

 2006年から大相撲を取材する中で、親方から横綱としての姿勢、心構えを聞く機会があった。時代を築いた大横綱は、どんな思いで土俵を務めていたのか。その会話のやり取りの中には、これからの土俵を支える力士への激励が込められていた。

 あれは2014年九州(11月)場所だった。前の秋(9月)場所で新入幕の逸ノ城(湊部屋)が1横綱2大関を倒し、13勝2敗の大旋風を巻き起こした。上位をなぎ倒す姿は1984年秋場所で「黒船襲来」と謳われた小錦旋風を思い起こさせた。その場所が小錦と初顔合わせとなった千代の富士は、強烈なプッシュに体が浮き上がる惨敗を喫したのだ。

 しかし、その後の千代の富士は黒星の教訓を生かし、小錦に惨敗を喫することはなかった。怪物と評された新鋭を横綱は、どういう心構えで受け止めたのか。当時の思いを聞こうと場所中の朝稽古、福岡市内の鳥飼八幡宮にある九重部屋宿舎を訪ねた。

 小錦との一番を振り返っていただいた時、親方から出た言葉は意外なものだった。

「負ければ、不安なんだよ。もう勝てないんじゃないかと思うぐらい追いつめられるんだよ。あの時もそうだった。これから先、オレはどうなるんだろうって考えたよ」

「負けた夜は食事に行っても気持ちはうわの空で、明日、勝てるのか。オレはこのまま終わってしまうんだろうか。そんなことばっかり頭の中をグルグル回ってるんだよ」

 威風堂々の土俵での立ち姿。必殺の左前まわしを引けば、鮮やかな攻め手で相手を投げ飛ばす。そんな強烈な記憶と通算勝ち星1045勝という偉大な記録からは、かけ離れた「不安」の二文字。だが、この恐れこそ千代の富士を支えた源だったのだ。

 そして、親方は続けた。

「だから、やるんだよ。何をって。稽古に決まってるだろ。やるしかないんだよ。不安を消すには稽古しかない。稽古して自分を追い込んで納得するまでやる。そうすると、ここまでやったんだから負けるはずがないって、自分の中で思えるようになる。そこまで追い込まないと土俵には上がれない」

 言葉には説得力があった。稽古こそウルフの歴史そのものだからだ。

 北海道・松前郡福島町出身。15歳で同郷の横綱・千代の山の九重親方から「飛行機に乗せてあげる」の言葉に誘われて上京した。1970年秋の初土俵から類まれな運動神経はあったが、178cm、71kgの細身の体では圧力負けしてしまう。小柄な体は悲鳴を上げた。左肩の脱臼に幾度も悩まされたのだ。

 新十両が見えてきた幕下15枚目で迎えた74年春には右肩も脱臼してしまう。絶望と不安の中に叩き落とされた時、実行したのはやはり稽古だった。「脱臼を直すには肩に筋肉をつけるしかない」と1日1000回の腕立て伏せを自らに課し、筋肉の鎧(よろい)でケガを防いだ。

 十両、幕内と番付を上げていく中で苦手な力士がいれば、相手のもとへ出稽古した。有名なのが琴風(現・尾車親方)との稽古だ。押し相撲が苦手だった平幕時代、琴風に5連敗するなど、まったく歯が立たなかった。以来、毎日のように琴風の佐渡ケ嶽部屋に日参した。琴風が別の部屋へ行けば、そこへ行き胸を合わせた。後年、尾車親方が当時の千代の富士をこう振り返った。

「今日はいないだろうと思っても必ずいる。今でいうストーカーみたいな感じかもしれない。でも、あそこまでやらないと横綱にはなれないんだなと思わせていただいた。あの執念はすさまじいものがありましたよ」

 結果、通算で22勝6敗と苦手の琴風を圧倒する対戦成績を残した。

 その姿勢は横綱に上り詰めてからも変わらなかった。小錦に惨敗した後、高砂部屋への出稽古を繰り返した。ターゲットはもちろん、小錦だ。当時、胸を貸す立場の横綱が他の部屋へ出稽古に行くこと自体、めずらしかった。横綱の誇りを捨てたともいえる行動。この問いに九重親方は間髪入れずにこう言った。

「自分が弱いんだから当たり前でしょ。横綱だろうが何だろうが勝てない相手がいれば、稽古して研究するのは当然。弱いから稽古する。どこがおかしいの」

 通算成績1045勝437敗。歴代2位の勝ち星ばかりが目に行くが、437敗という"不安"があったからこその大記録だった。

 加えて体調管理も怠らなかった。日本を代表するトップスター。宴席も今の横綱とは比較にならないほど数多かった。それでも常に体重チェックだけは欠かさなかったという。ベストは125〜126kg。

「これより2kg増えただけで動きが違ってくる。少し増えたなと思ったら多めに汗を流すとか、自分なりに工夫してベストを維持することを心掛けていたね」

 勝負勘も抜群だった。あのウルフフィーバーが吹き荒れた初優勝の1981年初場所。本割で横綱・北の湖につり出され、優勝決定戦で再び対決した。本割では北の湖と雪崩込むように土俵下に落ちたのだが、この時、相手が左足首をひねったのが見えたという。勝ち名乗りを受ける時に横綱が多少足を引きずっていることで確信。決定戦では「横綱の左足を揺さぶろう」と出し投げを狙い、見事に決めた。この一番を「相手の動きを見てれば、わかるよ」とこともなげに振り返ったが、瞬時に敵の変化に気づく勘は天性のものだろう。

 親方としては大関・千代大海(現・佐ノ山親方)を始め、多くの関取を育成。現役では7人もの関取を有する。育て方は対話重視。弟子一人ひとりと交換日記を行ない、自ら目を通し、赤字でアドバイスを送る。時にはLINEを使い、叱咤激励。厳しいだけでなく「勝ち越したら好きなものを食べさせてやる」とのアメもぶら下げて、弟子のやる気を引き出してきた。大横綱にして名伯楽。それが九重親方だった。

 そして取材中、話題は今の力士に移った。中心になったのは2年前(2014年)も綱に一番近いと言われた稀勢の里(田子ノ浦部屋)だった。「稀勢の里は横綱になれますか」と聞くと、即答だった。

「無理無理」

 続けてこう言った。

「稽古の仕方が全然、違うよ。自分より強い人がいるんだろ? なんでその人のところへ行って胸を借りないの? 強くなりたければ、自分より強い人と稽古するのが一番。そこへ行って最初は通用しないかもしれないけど、自分の課題もわかってくる。稽古を続けて少しでも通じるようになれば、それが自信になるんだ。それをやらないかぎり上には行けません。なんで、やらないのか、オレには不思議でしょうがないよ」

 不安を抱え、稽古で克服した千代の富士。大切なのは勝利への貪欲さだろう。その魂を受け継ぐ力士は、果たして出てくるのか。あの時の親方の熱い言葉が今の力士に少しでも届けばと切に願う。

福留崇広●文 text by Fukutome Takahiro