ny3_main

写真拡大 (全6枚)


ニューヨークへの旅は、ホテル、航空会社ともに選択肢は多彩。そんななかから、アートな旅をより盛り上げてくれる、ホテル&エアラインをピックアップしました。アートなニューヨーク旅、とことん満喫してみては?。そこで、今回は、いま行きたいホットな美術館、アートスポットを紹介。今度のニューヨーク旅行は、「アート」をキーワードにしたおしゃれで知的な滞在をしゃれこんでみたい。




フランスの粋を感じる「ソフィテル ニューヨーク」で
おしゃれで、上質なニューヨーク滞在を堪能


「ソフィテル」は、「ノボテル」「メルキュール」など、世界92か国、3900ホテルを展開する、フランス拠点のホテルグループ「アコーホテルズ」の最上級ブランド。エレガントでスタイリッシュなインテリアが特徴の、ヨーロッパスタイルのホテルだ。

地下鉄の駅も近く、ブロードウェイのシアター街も徒歩圏内である、絶好の立地に位置する「ソフィテル ニューヨーク」は、2000年にグランドオープンした。ライムストーンとガラスによる現代建築と、エッフェル塔やエンパイア・ステイト・ビルを描いた絵画など、ニューヨークとパリのカルチャーの融合をコンセプトとしたアートにも、パリのエスプリを感じさせる。

1日2回のハウスキーピングサービス、スタイリッシュなアメニティや肌触りのいいリネン、散策の疲れを癒してくれるオットマン付きのチェア、「ボンジュール」とフランス語で挨拶するスタッフの洗練されたホスピタリティなど、利便性とラグジュアリー感を備えた同ホテルは、ビジネスでの利用も観光での利用も快適で上質な時間を約束してくれる。

そして、なんといってもおすすめはロビー階に位置する、アールデコ調のブラッスリー「Gaby」。1920年代にブロードウェイでも活躍したフランス人女優の名前から名づけられたブラッスリーはディナー時のモダンさとクラシックさを兼ね備えたフレンチに定評があるが、大きな窓から日差しが降り注ぐ朝食時も人気が高い。ココナツミルクのキヌアやローファット・ヨーグルト・グラノラヨーグルト、ホワイトオムレツなどのヘルシーメニューや、アスパラガスやチェダーチーズが入ったシェフ特製のスクランブルエッグやトマトソースベースの地中海風エッグベネディクトなど、朝食メニューも充実。ビジネスマンたちがパワーブレックファストを行っている、ニューヨークの日常を切り取ったような風景に出会え、また、ブレス式で供されるフレンチテイストのコーヒーやさくさくの食感のクロワッサンで、1日のスタートを切ることができる。

INFO:
Sofitel New York(ソフィテル ニューヨーク) 
住所/45 W 44th St.,10036 New York NY USA


機内エンタメ充実のデルタ航空なら
長距離フライトも快適!


日本とニューヨークを結ぶエアラインは複数あるが、その代表格ともいえるのが、アメリカ・アトランタに本拠地を置く、デルタ航空だ。だ。61カ国330都市にフライトを運航している世界最大規模のメガキャリアで、メジャーリーグのニューヨーク・ヤンキースやグラミー賞などのオフィシャルエアラインでもある。2016年春より関西=ニューヨーク線(成田経由)が運航再開となったことも新しいトピックだ。

デルタ航空のおすすめのポイントのひとつが、日本語のエンターテインメントが充実していること。アメリカの航空会社ということで、「日本語の選択肢が少ないんじゃない?」と思いがちだが、いい意味で裏切られる。邦画のほか、日本語の吹き替えや字幕で楽しめる映画が100タイトル近く! どれを観ようか迷ってしまうほどの選択肢はうれしい悲鳴だ。また、デルタ航空では、全クラス、すべての路線で、スターバックスのコーヒーをサーブしている。コーヒー1杯といっても、やはり機内で美味しいコーヒーが飲めるのはうれしい。デカフェが選択できるのが気がきいている。

予算に余裕があれば、ワンランク上のエコノミークラス「デルタ・コンフォートプラス」を試してみては? 足元のシートピッチが、エコノミークラスに比べて最大4インチ(約10.2cm)広く、リクライニング角度が1.5倍になる。また、最後までニューヨークのグルメを楽しみたい人にも朗報が! ニューヨークの玄関口であるジョン・F・ケネディ国際空港だが、日本=ニューヨーク便が発着する第4ターミナルは、ほかのターミナル以上にダイニングエリアが充実。日本にも進出して話題を博しているニューヨーク発のグルメバーガー「Shake Shack」や、カップケーキ店「Cake Tin」の店舗もある。快適なフライトで、とことんニューヨークを楽しむ──、今度のニューヨークへの旅は、デルタ航空を選択してみたい。

INFO:
デルタ航空 
機内誌Webサイト www.deltasky.jp/

(text by aya hasegawa)


今行きたい!ニューヨークの美術館・アートスポット ART HOLIC in NY(1)へ戻る