3日、卓球女子の福原愛の中国版ツイッターの投稿に、中国ネットユーザーがコメントを寄せている。

写真拡大

2016年8月3日、卓球女子の福原愛の中国版ツイッターの投稿に、中国ネットユーザーがコメントを寄せている。

リオデジャネイロ五輪開幕まであと数日と迫っており、各国選手団も続々と現地入りしているが、現地で選手が気にしているのが蚊を介して感染するジカ熱だ。

選手村に入った福原は、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)にベッドの上に蚊帳が設置された写真を掲載。「私の小さなお家。媛姉さんありがとう。温かい気持ちになった」と書き込んだ。どうやら、福原の専属コーチで中国出身の張莉梓(中国名:湯媛媛)さんが準備してくれたようだ。ちなみに中国の体操や卓球の女子チームは、ジカ熱対策として自国から蚊帳を持参しているという。

この投稿に、中国のネットユーザーからは、「これは最高のベッドだね」「シャワーは壊れてない?(笑)」「蚊にはくれぐれも注意してね、愛ちゃん」「赤ちゃんのベッドみたいだね。ははは」「どうかご無事で」「しっかり自分で自分を守るんだよ。安全に注意して」「怖くなったら微博でつぶやいてよ。みんなそばにいるから」といったコメントが寄せられた。(翻訳・編集/北田)