8月3日、ユナイテッド・シネマ豊洲にて映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』宣伝大使任命式が行われ、DAIGOさんが出席しました。


『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は、『ハリー・ポッター』の原作者である J.K.ローリングさんが手掛ける新シリーズ。

映画のための脚本を書くためにペンを取った渾身の1作ということで、日本のみならず、世界中から公開が待ち望まれている大注目作品なのです。

この日は、アメリカ国内最大の映画イベント、コミコンで解禁した最新予告映像も流れ、クオリティの高さに期待がかかる中、任命されたDAIGOさんが登場。


エディ・レッドメイン演じる主人公ニュート・スキャマンダーのトレードマークである青いコートを羽織ったDAIGOさん、「今日はDAIGOスキャマンダーとして宣伝したいです」と、やる気満々。

ワーナーブラザーズの社長であるミラード・オークスさんより、任命状と杖を手渡されます。


感想を聞かれると、「まさか杖まで手にできるとは。まさに“SH”としか言いようがないっすね」と、待ってましたと言わんばかりにDAI語を披露。

その心は、「スーパーハッピー!」と明かし、これには社長も満面の笑みを見せます。


さらに、『ハリー・ポッター』シリーズを手掛けたデイビッド・ヘイマンプロデューサーより喜びの声が届いていると言われたDAIGOさんは「リアリー?」と英語で返事。

ビデオメッセージでは「宣伝大使になってくれて、とてもうれしいです。日本中に魔法をかけてくれると信じています。FBY!」と、プロデューサーがDAI語を披露!

「ファンタスティック・ビースト・よろしく、ウイッシュ!」と続けると、DAIGOさんも、あまりのサプライズに驚きを隠せない様子で「すごいことっすよね」と惚けていました。


ただ、「親指を離してくれたら100点満点ですけど、海外版ということで」と、世界一のプロデューサーに向かってポーズのダメ出しをしてみせていました。


『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は11月23日より全国ロードショーです。

【関連記事】

※ 新婚ホヤホヤで幸せオーラあふれるDAIGO、TGCの舞台はDAI語で「HOT」

※ キスマイ玉森裕太、命を懸けてまでも欲しいものとは?珍返答に会場爆笑

※ 月9・野村周平らによる副音声が激アツ!「俺のシーンカットされたあああ」

※ 渡辺直美と腰振りバトル!夏休みは「直美ワールド」にどっぷりハマってみる?

※ イケメン俳優・間宮祥太朗が恋する女子を応援♡今ドキ女子会に潜入レポ