矢野経済研究所は、ドローン(無人航空機)世界市場が2020年には15年の2倍近い市場規模になるとの予想を発表した。

写真拡大

 矢野経済研究所は3日、ドローン(無人航空機)世界市場の調査結果を発表、2020年には15年の2倍近い市場規模になると予想した。調査は1〜6月にドローンメーカー、アプリ企業などを対象に面接や文献で行った。

 15年の世界の軍事用と民間用(産業用、ホビー用、サービス)を合わせた世界市場規模は1兆2,410億円だった。20年にかけての年平均成長率は12.9%で推移し、20年には2兆2,814億円に伸びると予測している。

 15年の民間用ドローンの世界市場規模は4,053億円で、20年には2倍以上の約9,000億円規模まで拡大すると予測する。一方、軍事用は15年の8,068億円から20年には約1兆2,000億円を予測し、世界市場全体では、軍事用と民間用がほぼ半々になると予測している。