写真提供:マイナビニュース

写真拡大

トヨタ自動車は3日、レクサスのラグジュアリークロスオーバーSUV「RX」のスポーティバージョン"F SPORT"に、2WD車(FF)と"F SPORT"専用色「ヒートブルーコントラストレイヤリング」を追加設定して発売した。

同社は今回の追加設定により、「RX」の中でもレクサスのスポーツカー"F"のエッセンスを継承して好評となっている"F SPORT"に2WD車を追加することで、ラインアップのさらなる充実を図る。

さらに、レクサスの"F"を象徴する外板色「ヒートブルーコントラストレイヤリング」を"F SPORT"専用色として追加設定した。2014年発売の「RC F」から導入された同色は、1,500度以上の高温時の青白い炎をイメージしており、異なる色相を塗り重ねる新技術によって実現している。今回、「RX」の"F SPORT"にも採用し、カラー面でも充実を図っている。

価格は「RX200t "F SPORT"」の2WD車が579万円、「RX450h "F SPORT"」の2WD車が716万5,000円(税込)。

(木下健児)