人生いろいろ、うれしいこともあれば、残念なことも……。誰にだって「こんなはずじゃなかった!」と激しく後悔するようなことがあるはず。そんなとき、お金や時間を返して欲しい!! と誰かに無性に訴えたくなるときもありますよね。
そんな、多くの女子が経験しているあれこれを集めてみました。

恋愛編

「意気込んで出かけた合コン・婚活デートなのに、全然いい人がいなかった!」

「いい出会いがあるに違いない」と気合を入れて臨んだのに、まったく成果がなかった……。そんなとき、悔しいですよね。モテ服を買ってみたり、美容院に行ったり――と、女子にはそれなりの先行投資があるのです。それだけに、時間もお金も返して……という気持ちが芽生えてしまうことも。

「よく考えてみればたいしたことない元カレなのに、その当時はずいぶん悩んで日々涙した」

失恋したり、破局した当時は、もう気分は完全に悲劇のヒロイン状態。恋愛以外のことがまったく手につかなくて悩んだり無気力になったり、涙を流したり……。でもいったん吹っ切れてしまえば、なんであんな男にそこまで思いつめていたのかバカバカしくなるほど。
そのあいだに、じつはもっといろんなことできたんじゃない?? なんて心の声が聞こえてきます。こんなときは、時間を返してほしくなりますよね……。

「ムードよくベッドインしたのに、最悪なセックスだったとき」

相手あってのセックスですから、こればかりは予測ができません。せっかくいいムードだったのに、いざコトがはじまってみると最悪だった……なんて経験ある人もじつは多いのでは!?
先ほどと同じように、時間を返して……と思ってしまいます。

「自分の自慢話ばかりして、相手にまったく関心を示さない男性とデートしたとき」

デートってお互いが相手のことを知るための貴重な時間だと思うのです。それなのに相手の男性が、とにかく自分の自慢ばかりに終始していると、こっちのテンションはさがるばかり。
「結局彼は、自分がどれだけすごいか証明したいだけじゃないの??」なんて思い出すと、もうその場にいるのが苦痛でしかありません。お金もらえるんだったら、おとなしくきく気も起こるかもしれませんが。

生活編

「ここ最近の3年間を振り返って、ろくな買い物(とくに洋服)をしていなかったと気づいたとき」

“おしゃれを楽しみたいし”という気持ちで、思いつくままに買った流行アイテム。でも自分にはイマイチしっくりこなくて、満足できない。ワードローブにそんな洋服ばかりたまっていることに気がつくと、愕然とします……。

「話題のハリウッド超大作を映画館まで見に行ったのに、ストーリーがめちゃくちゃで期待ハズレだったとき」

話題の超大作映画。でも昨今はCG技術ばかりが注目されて、ストーリー性があるのかないのかよくわからないものも……。せっかく映画館まで足を運んだのに残念な内容だと、「お金返してー!」と叫びたい気分にもなります。
ハズレの映画も含めて楽しめる人は、真の映画通なのでしょうが……。

「イケアで買った家具が組み立てられず、あきらめたとき」

イケアで見かけたステキな家具。自分でも組み立てられるだろう、なんて甘く見てたら大間違い! 半日かけたのに、ちっとも完成に近づかない……なんてことも。でも幸い、イケアでは返品もできるので、少なくともお金は戻ってくるだけマシでしょうか。

「思いきって高額なスキンケア商品を買い揃えたのに、肌になんの変化も見られなかったとき」

効果がわかりにくいのがスキンケアアイテム。思いきってワンランク上の高級ラインを買ってみたのに、なんの変化もなかったというのは珍しくありません。なかには肌に合わず荒れてしまった、なんて悲しい声も。
高額なものはたしかにそれだけの成分が配合されているかもしれませんが、肌との相性はやはり使ってみないとわかりません。それにまだ若いうちから保湿力の高いようなものを使っていると、肌そのもののパワーが衰えてしまうということも。自分の肌にとってなにがベストなのか、値段だけでは決められません……。

▽ 参考記事(海外サイト):