『64(ロクヨン)』(上・下)

写真拡大

 2016年7月28日(木)、イギリス推理作家協会が「ダガー賞翻訳部門」の最終候補作を発表した。日本人の作品としては、史上初めて横山秀夫の長編警察小説『64(ロクヨン)』が最終候補に選ばれた。

 イギリス推理作家協会は、1953年に設立されたイギリスのミステリー作家たちの由緒ある団体で、「ダガー(短剣)」と呼ばれる賞には長編賞、新人賞などの部門がある。アメリカ探偵作家クラブの「エドガー賞」と並び、世界で最も権威のあるミステリー賞と言われている文学賞だ。

 今回『64』がノミネートされている翻訳部門は2006年にスタート。年度内にイギリスで刊行された非英語圏のミステリーの中で最高の作品に贈られるもので、過去の受賞作としてピエール・ルメートルの『その女アレックス』、『傷だらけのカミーユ』などが知られている。

 最終候補には5作がノミネートされており、受賞作は2016年10月11日(火)に発表される予定。今回のノミネートに関して、著者である横山秀夫からコメントが届いている。

とても光栄に思いますが、本書は私にとって初めての英訳本ということもあり、喜びよりも驚きのほうが大きいですね。元号の変わり目(昭和64年)に光を当てた純和風の小説が、歴史ある王室の国で認知されたことには、不思議な縁(えにし)を感じます。本書の誕生と歩みに助勢してくださったすべての方に感謝しています。デビュー前の投稿時代のように、わくわくどきどきしながら受賞作発表の日を待ちたいと思います。

横山秀夫

 『64』は2015年にNHKでドラマ化、2016年には佐藤浩市主演で映画化もされた人気小説。主人公は元刑事で、一人娘が失踪中のD県警広報官・三上義信。記者クラブと匿名問題で揉めるなか、<昭和64年>に起きたD県警史上最悪の「翔子ちゃん誘拐殺人事件」への警察庁長官視察が決定する。だが被害者遺族からは拒絶され、刑事部からは猛反発をくらう。組織と個人の相克を息詰まる緊張感で描いた同書は、ミステリー界を席巻した著者の渾身作となっている。

 「2012年週刊文集ミステリーベスト10」第1位のほか、「2013年このミステリーがすごい!」でも第1位を獲得した同書。そして今回、イギリス推理作家協会の「ダガー賞」獲得となるか? 発表の日を期待して待ちたい。

■『64(ロクヨン)』(上・下)

著:横山秀夫

発売日:2015年2月6日(金)

出版社:文藝春秋

横山秀夫

1957年東京生まれ。国際商科大学(現・東京国際大学)卒業後、上毛新聞に入社。12年間の記者生活を経てフリーライターとなる。91年『ルパンの消息』が第9回サントリーミステリー大賞佳作に選ばれる。98年『陰の季節』で第5回松本清張賞を受賞。2000年『動機』で第53回日本推理作家協会賞・短編部門を受賞する。著書に『半落ち』『顔 FACE』『深追い』『第三の時効』『真相』『影踏み』『看守眼』『臨場』『出口のない海』『震度 0』などがある。