音楽で劇的変化!?セックスの満足度を高めるBGMが判明!!

写真拡大

 セックスをするとき、どのような環境を整えていますか? 部屋の明るさ、場所など好みは人それぞれですが、どうせならBGMにもこだわるとムードが高まってステキです。ラブホテルにはスイッチひとつで使えるBGMの機械が備わっているので、いろいろな音楽を試してみましょう。今回は、セックスが盛り上がるBGMの種類をご紹介します。

BGMで新鮮さが蘇るかも

■やっぱり定番。ロマンティックな甘い曲

 愛する彼とのセックスには、甘いムードが漂っていますよね。その甘さをもっと盛り上げてくれるのがラブソング。できれば洋楽や音だけのもののほうが、余計な言葉が耳に入らずセックスに集中できます。
音量は少し控えめにして、途中で音楽が途切れてしらけないよう、長く演奏されるアルバムや有線放送などを選びましょう。曲の盛り上がりに合わせて2人の気持ちも高まり、濃密な時間を過ごすことができますよ。

■思いっきり弾けたいときにはロック

 「セックスにロック?」とびっくりするかもしれませんが、これが意外と合うのです。長く付き合っているとセックスもだんだんマンネリになってしまうので、ときには趣向を変えたやり方も必要。いつもの普通すぎるセックスではなく、思い切って1歩踏み込んだプレイを楽しんでみましょう。
そんなとき、部屋がシーンとしていたら、恥ずかしさが先に立ってなかなか大胆になれないですよね。そこで“ロック”です。アップテンポの激しいシャウトを聴きながらセックスしていると、自然と開放的な気分になれるのです。

■イチャイチャを楽しみたいときはボサノバ

 まるで海岸に寝転がっているようなリゾート気分を味わわせてくれる“ボサノバ”。ゆったりしたいときにはうってつけの音楽ですよね。これをセックスに活用するなら、愛し合った後のイチャイチャする時間に流すのがおすすめです。
一般的に、男性はセックスが終わると急激に気持ちが冷め、冷淡な態度をとってしまうことが多いもの。寂しいと感じている人も多いのではないでしょうか? でも、ボサノバの心地よいリズムに乗っていると、自然と気持ちがほぐれて笑顔になるのです。

■2人の好きな曲

 どちらかの部屋でセックスするなら、いつも聴いているお気に入りの曲をかけても良いでしょう。聴き慣れた音楽は気持ちを落ち着かせるし、思い出の曲ならムードもぐっと高まります。ホテルを利用する場合とちがって、とことんリラックスできるのが自分の部屋の良いところなので、合わせるBGMも肩のこらない気楽なものが合いますね。
セックスするときにテレビをつけっぱなしにする人もいますが、これはどちらかがつい画面を見てしまってしらける元。流すのは音だけにしましょう。

 ただセックスをするといっても、こうしたちょっとしたことに気を使うだけで盛り上がり方は変わってきます。特に「最近マンネリだなぁ」と感じている場合は、BGMにこだわってみると新鮮さが蘇ることもありますよ。

Written by Gow! Magazine編集部
Photo by Levi