リオ五輪不参加となった久保がブログで「整理つかない」と本音吐露も「切り替え今度はフル代表で」と前を向く

写真拡大

▽リオ五輪に臨むU-23日本代表に不参加となったヤングボーイズのFW久保裕也(22)が3日付で自身のブログを更新し、心境を口にしている。

▽久保は、「サポーターの皆様へ」のタイトルでブログを更新し、五輪不参加となったことで「少し整理がつかない」と正直な気持ちを吐露。一方で「しっかり気持ちを切り替え今度はフル代表でプレー出来る日を目標に更なる成長を誓いたい」とすでに前を見据えた。久保のブログ内でのコメントは以下の通り。

「いつも温かい応援有難う御座います」

「ここ数日報道されています僕のリオ五輪参加に関して、正式に不参加が決定しました。日本代表として五輪に出場出来る可能性があったことを大変光栄に思いますし、応援してくれる皆様に歓喜の瞬間を届けられるよう全力で戦う準備を整えていましたが、所属クラブ・ヤングボーイズの意向に従うことになりました」

「今季は五輪、ヤングボーイズの両方での活躍を目標に、オフ期間も万全な状態を目指してトレーニングに取り組んでいたので当然残念な気持ち、今は少し整理のつかない部分もありますが、僕はあくまでもヤングボーイズの選手であり、ヤングボーイズでの活躍があったからこその代表選出なので、しっかり気持ちを切り替え今度はフル代表でプレー出来る日を目標に更なる成長を誓いたいと思います」

「この一件を通して感じることが出来たヤングボーイズからの信頼、多くの方が僕の五輪参加のために解決案を探ってくださっていた日々、自分のモチベーションとコンディションの維持、なかなか経験出来ない状況で多くのことを学ぶことが出来たことをポジティブに受け止め、僕はスイスで目の前の試合に集中し、仲間の活躍と金メダルの獲得を強く強く願いたいと思います!!」

「これからも久保裕也の応援をよろしくお願いします。久保裕也」

▽日本サッカー協会(JFA)は久保をU-23日本代表に招集していたが、所属先のヤングボーイズで負傷者が続出したことにより同クラブが久保の招集に難色を示していた。その後も粘り強く交渉を行ってきたJFAだったが、タイムリミットに設定していた3日に久保の招集を諦めて、アルビレックス新潟のFW鈴木武蔵(22)を追加招集することを発表した。