光でお絵かき!新しい体験を提供するロボットおもちゃが登場

写真拡大

ハッカソンエコシステムを中心としたIoTサービス・製品開発事業をメイン事業とするJellyWareが、東芝の光で絵や文字を描く技術と、東芝の音声・映像活用クラウドサービス「RECAIUS(リカイアス)」の音声合成技術の提供と支援を受け、光でお絵かきできるロボットおもちゃ『wordee』を開発。

wordeemain

8/3〜、クラウドファンディングサイト「Indiegogo」にて予約販売をスタートさせた。

 光でお絵かきできる未来型おもちゃ

光でお絵かきできるロボットおもちゃ『wordee』は、東芝が持つ「光で絵や文字を描く技術」や「RECAIUS」の音声合成技術をベースに、JellyWareと東芝のオープンイノベーションにより開発したもの。

sub3

8/3〜、米国のクラウドファンディングサイト「Indiegogo」にて予約販売を開始し、目標金額達成後に製造・販売を行うという。

不思議な体験が子供の想像力をくすぐる!

『wordee』は、専用シートの上で動かすと光る文字やイラストが浮かび上がり、光でお絵かきをする不思議な体験ができるという“ロボットおもちゃ”。

「RECAIUS」の音声合成技術により、自然なおしゃべりとお絵かきが連動できるという。

sub2

さらに、スマートフォンと連携することで、スマートフォン上のイラストに対応した文字を『wordee』から表示でき、音声合成で読み上げたり、スマホ上に描いたイラストやメッセージを表示することもできるのだとか。

sub4

sub5

sub6

デザインも丸っこくてかわいらしい。

sub7

スマホに入力したメッセージを『wordee』で表示できるので、パーティーのお祝いメッセージなどにも使えそうだ。