8/9(火)発売、雑誌『WIRED』Vol.24「NEW CITY 新しい都市」発売記念イヴェント3連続開催! noiz豊田啓介、ライゾマティクス齋藤精一が登壇、編集長の独演会も

写真拡大

8/9(火)に発売される本誌Vol.24、特集は「NEW CITY 新しい都市」。多様な社会課題、そしてテクノロジーによる人間の生活の変化など、いま建築家が立ち向かう問題を掘り下げることは、われわれの未来を考えることにほかならない。本誌に載りきらなかった内容を伝えるべく、WIREDでは3つのイヴェントを連続開催する。

「8/9(火)発売、雑誌『WIRED』Vol.24「NEW CITY 新しい都市」発売記念イヴェント3連続開催! noiz豊田啓介、ライゾマティクス齋藤精一が登壇、編集長の独演会も」の写真・リンク付きの記事はこちら

【8/8(月)開催】デジタル×建築の最前線チューリヒで、建築家・豊田啓介が見たこと・聞いたこと
>>このイヴェントに申し込む[チケットは完売いたしました]

【8/17(水)開催】大改造中のニューヨークで、ライゾマティクス齋藤精一が見たこと・聞いたこと
>>このイヴェントに申し込む

【8/7(日)開催】これからの都市という「メディア」について考えたこと|編集長独演、「WIRED on WIRED」
>>このイヴェントに申し込む[チケットは完売いたしました]

「都市」という言葉を聞くと、どんなイメージが頭に浮かぶだろう。摩天楼が連なる都会的なランドスケープ、たくさんの人が行き交うターミナル、もしくは思い思いの時間を過ごす人がいる公園…。建築によってかたちづくられた街並みはもちろん必要だが、そこに人が暮らしていなければ都市とは呼べないだろう。

来週8月9日(火)に発売される本誌『WIRED』日本版VOL.24の特集「NEW CITY 新しい都市」では、3Dプリンターやロボットアームを活用した最先端の建築手法、ニューヨークで進行中の未来の都市計画や、先進的な国内外のデヴェロッパーが計画する都市など、建築にまつわるさまざまなテーマを扱っている。ただしそこで問題になるのは建築という外側のディティールではない。あくまでもそこに住む人間だ。

INFORMATION

『WIRED』日本版、最新号VOL.24は「NEW CITY 新しい都市」 特集!

8月9日(火)発売の最新号『WIRED』VOL.24は「新しい都市」特集。ライゾマティクス齋藤精一と歩く、史上最大の都市改造中のニューヨーク。noiz豊田啓介がレポートするチューリヒ建築とデジタルの最前衛。ヴァンクーヴァー、ニューヨーク、東京で見つけた不動産の新しいデザイン。未来の建築はいま、社会に何を問い、どんな答えを探していくのか。第2特集は「宇宙で暮らそう」。宇宙でちゃんと生きるために必要な13のこと、そして人類移住のカギを握るバイオテクノロジーの可能性を探る。漫画『テラフォーマーズ』原作者が選ぶ「テラフォーミング後の人類が生き残るための10冊」も紹介する。そのほか、NASAが支援する「シンギュラリティ大学」のカリキュラム、米ミシガン州フリントの水汚染公害を追ったルポルタージュ、小島秀夫+tofubeatsの「未来への提言」を掲載!

本誌にも収録したインタヴューのなかで、2016年度のブリツカー賞を受賞したチリの建築家・アレハンドロ・アラベナはこう語っている。

建築に力があるとすれば、多様な記述不可能な関係性をデザインという統合体として回答を示せるという点でしょう。分析レポートや特定の書類、診断書などの記述的な形式を取らなくていい。

記述不可能な関係性とは、周りの環境や住人たちの文化、建築を取り巻く経済など多岐に渡る要件であり、生きる人間によってすべてが決まる。そんな複雑な問題に対して、建築家は構造物という具体的な形状をともなうアウトプットで答えなければならない。高齢化社会、災害、テロリズムなど、現代が直面する全ての問題に対して建築家は進行形で取り組んでいるのだ。

もちろん社会が多様化し、新しいテクノロジーが登場するごとに、彼らの仕事の難易度は上昇し、ほかの業種と同じようにある種の膠着状態が起こり始めていることもまた事実だ。「NEW CITY 新しい都市」特集では、いまの問題に答えを出すために、建築の外の領域にも飛び込もうとする動きにスポットを当てている。

24-000allcom

コンピューテーショナルアーキテクチャの第一人者、noizの豊田啓介は、チューリヒを訪れて最先端の研究室を巡った。

例えばnoizの豊田啓介はチューリヒの最先端ロボット研究室を訪れ自律する都市の未来に思いを馳せ、ライゾマティクスの齋藤精一はニューヨークでグーグル傘下の「Sidewalk Labs」がテクノロジーをいかに都市に組み込んでいるかを目撃する。彼らの体験は、建築家の卵や日本でまちづくりに関わる人だけでなく、イノヴェイションを渇望するすべての人の助けとなるはず。

この度『WIRED』では、Vol.24の刊行に合わせて3つのイヴェントを連続開催する。それぞれのイヴェントに登壇する豊田、齋藤はの両氏は先月取材を終えたばかり。彼ら(と弊誌編集長)の冷めきらぬ興奮をお伝えできる貴重な機会となる。発売日前誌面に載りきらなかった写真やエピソードはここでしか披露できないので、是非ともお越し頂きたい。


デジタル×建築の最前線チューリヒで、建築家・豊田啓介が見たこと・聞いたこと(モデレーター・『WIRED』日本版編集長 若林恵)

>>このイヴェントに申し込む[チケットは完売いたしました]

いま世界では、既存技術をデジタルで代替するだけではなく、それを前提としたコンピューテーショナルといわれる新しい都市のつくりかたが生まれ始めている。

コンピューテーショナルアーキテクチャの第一人者として、建築という概念を捉え直しつづけている建築家・豊田啓介が「NEW CITY」特集のために7月に訪れたのは、スイスのETH Zurichにある最先端のコンピューテーショナルなラボ。

そこには、ロボットアームや3Dプリンターを活用し、建築の未来を追い求める研究者たちの姿があった。建築の未来はデジタルの側からやってくると主張する豊田が、現地で受けた刺激を本誌未収録の写真やエピソードとともに語り下ろす。

※ 受付時、イヴェント参加規約を確認のうえ、ご署名をいただく必要がございます。

日時
8/8(月)19:30〜22:00(OPEN 19:00)〈1,500円、30枚限定〉
19:30〜21:00|トークセッション
21:00〜22:00|質疑応答 & 懇親会

場所
TechShop Tokyo
(東京都港区六本木1-3-40 アーク森ビル 3F)

出演
豊田啓介|KEISUKE TOYODA
東京大学工学部建築学科卒業。安藤忠雄建築研究所を経て、コロンビア大学建築学部修士課程終了。アメリカのSHoP Architectsを経て、2007年より東京と台北をベースにnoizを蔡佳萱と共同主宰。http://www.noizarchitects.com/

主催
『WIRED』日本版(コンデナスト・ジャパン)

協力
TechShop Tokyo

後援
在日スイス大使館 科学技術部

大改造中のニューヨークで、ライゾマティクス齋藤精一が見たこと・聞いたこと(モデレーター・『WIRED』日本版編集長 若林恵)

>>このイヴェントに申し込む

「NEW CITY」特集の取材で、今年7月にニューヨークを訪れたライゾマティクス齋藤精一。彼が目にしたのは、「スクラップ & ビルド」に沸き、多様性を引き受けながら未来への胎動する都市の姿だった。

コロンビア大学で建築を学び、現地の建築事務所でキャリアをスタートさせた齋藤に、建築ラッシュの最中にあるニューヨークはどう見えたのか。ワールドトレードセンターやハイランドのいまを訪ね、グーグルのサイドウォークラボ・CEOのインタヴューも行ったばかりの彼が、本誌に収録しきれなかった写真やエピソードとともに、未来のまちづくりを語る。司会は弊誌編集長・若林恵。

会場では、同じ号からスタートした連載「ジントニックを科学する」VOL.1で紹介された「究極のジントニック」も提供される。

日時
8/17(水)19:30〜22:00(OPEN 19:00)〈2,000円、40枚限定〉
19:30〜21:00|トークセッション
21:00〜22:00|質疑応答&懇親会

対象
20歳以上の方
※ お酒が提供されるイヴェントになりますのでご了承ください。
※ 受付にて身分証を提示いただく場合がございます。

場所
HAB-YU
(東京都港区六本木1-4-5 アークヒルズサウスタワー 3F)

出演
齋藤精一|SEIICHI SAITO
1975年神奈川県生まれ。ライゾマティクス代表取締役/クリエイティヴ & テクニカルディレクター。建築デザインをコロンビア大学(MSAAD)で学ぶ。アート制作活動と同時にフリーランスのクリエイティヴとして活動後、2006年にライゾマティクスを設立。国内外の広告賞にて多数受賞。

主催
『WIRED』日本版(コンデナスト・ジャパン)

協力
ボンベイ・サファイア(バカルディ ジャパン)
森ビル


【満員御礼!】
これからの都市という「メディア」について考えたこと|編集長独演、「WIRED on WIRED」

>>このイヴェントに申し込む[チケットは完売いたしました]

『WIRED』日本版の最新刊「NEW CITY 新しい都市」をつくりがなら考えたことを、編集長自らが語る120分間の独演会です(質疑応答あり)。
(以下、本誌エディターズレターより)

「都会は、少年がそこを歩くだけで、一生なにをやって過ごしたい かを教えてくれる場所だ」
そう言ったのはルイス・カーンという建築家で、ぼくはこの言葉が 大好きだ。
都会というものの目の眩むような大きさ、忙しさ、多様性、めくるめく情報量。
見るもの見るものが新鮮な、都会は、でっかい世界の縮図であり、それ自体が巨大なメディアなのだ。

日時
8/7(日)20:30〜22:30(OPEN 20:15)
20:30〜22:00|トークセッション
22:00〜22:30|質疑応答

会場
WIRED Lab.
(東京都港区六本木1-3-40 アークヒルズ カラヤン広場 スペイン坂入口)

定員
無料・先着40名 

出演
若林恵|KEI WAKABAYASHI
『WIRED』日本版編集長。1971年生まれ。平凡社「月刊太陽」編集部を経て2000年に独立。カルチャー雑誌で記事の編集、執筆に携わるほか、書籍・展覧会カタログの企画・編集も数多く手がける。音楽ジャーナリストとして音楽誌に寄稿するほか、ライナーノーツの執筆、音楽レーベルのコンサルティングなども行う。2011年より現職。趣味はBook OffでCDを買うこと。

主催
『WIRED』日本版(コンデナスト・ジャパン)