肌は夏に年をとる!コワー〜い『光老化』とその対策とは?

写真拡大

お肌を劣化させてしまう原因は色々ありますが、そのひとつに“光老化”というものがあります。季節による乾燥や、加齢によって酸化していくことばかり着目されがちですが、“光老化”こそ肌を老けさせる大きな原因。

そこで今回は、夏でも老けない光老化対策をご紹介します!
『光老化』ってなに?肌にもたらす影響
光老化とは、一言でいうと“紫外線によって肌がダメージを受けること”です。老化の約80%は紫外線が原因だと言われています。紫外線によるダメージは、肌の奥深くの真皮層まで届くため、肌の大敵なのです。

­

光老化はふつうの老化とは違い、加齢によって起こるものではありません。ふつうの老化は、年齢と共にコラーゲン生成が行われにくくなり、肌の弾力やハリを失ってしまうことで起こりますが、光老化は慢性的な紫外線傷害であり、年齢は関係ないのです。

­

光老化が進行すると、若くても顔やカラダにシミやシワ、イボが現れるのです。また、日光にさらされることで、肌の水分が奪われ、カサつきやくすみ、たるみなどの肌トラブルの原因にもなります。
この夏、老けない対策その1:紫外線UV-Aをカットする
光老化しやすいのは、無防備のまま外に出る人です。海が好きだったり、外で働くことが多い人は、日光を浴びる機会が多いので要注意。例えば、外にでる時は、肌の深部にまで届いてシワやたるみの原因にもなるUV-Aを極力避けるため、PA値の高い日焼け止めを使いましょう。

­

また、UV-Aは例え曇りでも、晴れの日とほぼ同じ分量降り注いているので、曇りや雨の日にもしっかり日焼け止めを塗るのが基本です。
この夏、老けない対策その2:美白化粧水で保湿ケア
光老化で肌にダメージを受けやすいのが、乾燥しているお肌です。長い時間、日光にあたると、お肌が乾燥してきますよね。毎日こまめに保湿を行うことで、肌が乾燥しにくくなり、ダメージが半減するのです。

­

保湿アイテムとしては、「ビタミンC」や「アルブチン」が入ったものがおすすめ。顔だけでなく、日焼け止めを塗る前に全身に使うといいですよ。
この夏、老けない対策その3:サングラスor日傘を必需品に
実は目から入った紫外線でも、お肌はダメージを受けてしまうのです。目に紫外線が入ると、まず角膜が炎症します。すると、脳は目がダメージを受けた事を察知して、体内にメラニンを発生させてしまうのです。つまり、シミや日焼けの元になってしまうということが分かっているのです。

­

そのため、眼病予防のためだけでなく、美容のための紫外線対策としてもサングラスや日傘をしておくことが大切です。晴れの日でも曇りの日でも、サングラスか日傘で対策を行って、しっかり自分の肌を守ってくださいね。

­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­

女性であれば、年相応の美しい肌に憧れますよね“光老化”のメカニズムと対策さえ知っておけば、「実年齢より老けて見える」ということも減りそうです。この夏の肌ダメージが減らせるよう、紫外線の肌への影響を頭に入れておいて下さいね。

­

<プロフィール>

宮村さき

美容ライター/コスメコンシェルジュ

外資系コスメの元トップ販売員。売上1位の実績から、スタッフへのスキンケア研修なども行う。コスメコンシェルジュの資格を取得後、美容コンテンツ制作会社へ入社。編集業務に従事する傍ら、自身の経験を活かした美容テクニックをコラム等で紹介している。