『世界征服 〜謀略のズヴィズダー〜』公式HPより

写真拡大

 SNS、とくにTwitterはなにかと論争が起きやすい。7月半ば、あるアニメの一場面を添付した投稿がきっかけで、嫌煙と喫煙の両派から数多くの意見が噴出した。

 この経緯がまとめサイトに引用されたこともあり、1万近くRTされた元ツイートが消去されたあとも関連発言が続いている。それらをみると、両派の間で議論が成立しているとは言い難い。嫌煙と喫煙の二派はなぜ、平行線をたどる言葉を出し続けるのか。

 嫌煙と喫煙が平行線をたどるのは、お互いの着眼点が異なることを無視した発言が大勢を占めているからだ。

 元つぶやきにあった問題の動画は、TVアニメ『世界征服 〜謀略のズヴィズダー〜』第3話の一場面から。国際的秘密結社ズヴィズダーが、日常の些末なことから時代を変革するような大きな出来事まで、世界征服に向けて歩みを進める物語で、一話ごとに「自衛隊の戦車隊」「晩飯」「古代文明」などを征服してゆく。第3話では「喫煙者」が征服の対象だ。

「マナーの無い喫煙者へ」というテキストが添えられたつぶやきに添えられていた動画は、ヒロインが中華料理店で食事を口に運ぼうとした瞬間、隣席の中年男性が「一服、よろしいですかな?」と煙草に火をつけようとしたところから始まる。幼い見た目のヒロインが「いいわけないだろうが」と激しい口調で責めたて、「お前の一時の気休めのために毒ガスを吸わされる、ここのすべての人間は寿命を縮められる」と激しく罵っている。

 これに強く反応したのはまず喫煙派。

「灰皿が置いてある店ですよね? マナーの悪い嫌煙者への間違いでは?」
「おっさんは一服していいかって聞いているから非は無い」
「これでマナーないって言ってんならどうしろと」

 など、マナーを守って食後の一服を楽しもうとするおじさんを擁護し、激しく責めるヒロインのような嫌煙者のほうがおかしいと訴える。

 それに対し、嫌煙者からはヒロインの嫌煙に賛同する発言も相次いでいる。

「理屈なんていらない。くさい」
「日本は食事処での喫煙は禁止にすべき」
「タバコを完全に規制するまで嫌煙、喫煙は分かり合えない」

 喫煙可能な中華料理屋でのワンシーンだが、喫煙者は普段から無神経すぎる、嫌煙者がいる空間でいっさい喫煙しないでほしいといった激しい主張も目立つ。

 同じつぶやきへ寄せた言葉なのに、ここでは喫煙者と嫌煙者の発言はまったく噛みあわない。そもそも、ひたすら平行線をたどるこの様子は、この一場面を切り取られたアニメの第3話全体で滑稽な戦いとして表現されている。

 2014年1月に放送された第3話「煙に巻いて去りぬ」では、嫌煙派であるヒロインを中心とした世界征服を目指す秘密結社が喫煙を排除する活動を開始し、賛同者を増やして「喫煙者撲滅キャンペーン」に発展、ついには地域全体で喫煙者狩りまで行われるほどエスカレートする。結局、それでも喫煙者は撲滅されず、お互いの立場や考え方を話しあわないキャンペーンは失敗し「喫煙者征服…ならず」と記録されて終わる。

 第3話の最後で、喫煙をどうしても許せなかったヒロインは、喫煙者に「口寂しければ、これでもかじるがいい」とキャンディーを差しだしている。撲滅を目指していたことを思えば、喫煙者に配慮した申し出をする段階に進歩している。

 放送から2年後にネットで話題になった今回も、

「吸ってない人のことさえ考えていてくれれば、いいんじゃないか」
「分煙してくれれば」

 など、お互いを思いやれればよいのではないかというつぶやきも散見される。彼らはネット上では少数派にみえるが、日常生活のための基本的で大事なことを述べているにすぎない。喫煙者も嫌煙者も、噛みあわない主張を繰り返して世界征服を目指すのではなく、お互いのことを話しあって理解し、共に過ごせる日常生活をつくりあげるべきだろう。