美容的おすすめスナック3選、低カロリーで美をキープ!

写真拡大

 デスクワークをしていると、気分転換や小腹がすいた時には気軽なおやつを手にしたくなるもの。でも気を付けて選ばないと、健康を害したり、カロリーオーバーになったりする…。

 そこで、美をキープしたい方でも安心なおやつの中でも特に最近のオススメをご紹介したいと思います。

◆あたりめ好きなら“こまい”もオススメ

 まずは“こまい”。カロリーを気にする女子の間で“あたりめ”は人気だと思いますが、多く食べるとどうしても塩分を取り過ぎてしまいますよね。

 そこで、薄味の類似品を探していたところ、発見したのが、干し“こまい”。こまいとは、聞きなれない名前ですが、タラの仲間らしいです。そしてこれを軽く干した干しこまいがかなりオススメ。

⇒【画像】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=555269

 そもそもタラは白身魚なので、青魚に比べると栄養レスなイメージがありますが、実はビタミンAやB12、D意外と多く含まれていて、女子の栄養補強の強い味方になりそうなのです。

 具体的には、これからの季節、エアコンで乾燥して弱りがちな粘膜を保護してくれたり、骨粗しょう症になりがちな女子の骨力強化に力を貸してくれるらしい。しかも、“たら”の姿のままだとデイリーの摂取は難しいですが、それが干したものなら携帯できるし、保存だって気軽にできる。

 さらに干しこまいのいいところは、噛めば噛むほど味わい深いうえ、あたりめのように薄い姿のままのどを通過してゆくのではなく、口に入れると膨らんで、ボリュームがよみがえるところでしょうか。魚を食べている感が感じられ、満足感も得られてよいのです。

 カロリーは、干しこまい100gで175kcal程度。ちなみに市販品の珍味は一袋30g程度ですから全部食べてもたかが知れてます。そのうえ、塩分は控えめに作られているのがほとんどですから、よく噛んで食べれば、ちょうどよい栄養補給になると思われます。

◆あげ昆布のポリポリ感も推し

 続いても海の幸から、オススメの海藻2種をご紹介。まずは焼き海苔。

 よく韓国の方はおやつに海苔を食べていると言いますが、きっと「ゴマ油と塩で味付けをしたいわゆる“韓国海苔”のことね」とみなさま、思われていますよね。

 でも私の知り合いがホームステイしていたソウルのお宅では無味の焼き海苔をおやつにしてたのです。韓国では、100枚単位の薄い焼きのりが普通に売っていますから、各家庭で大量買いしては、味付け海苔サイズにカットしてタッパーに常備してるのです。

 それを夕食後の長いドラマ観賞中につまむのでヘルシー。私たちもおやつに焼きのり習慣をつけるといいと思います。

 もう一つ、海藻類でオススメしたいのが、炒り大豆とよく組んでいる“あげ昆布”。

⇒【画像】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=555268

 クリスピー感がたまらないので私は大好きなのですが、京都や都内の昆布専門店では、あげ昆布だけを入れた商品も購入できるみたいです。

…以上、美容的観点からのオススメスナックをご紹介しました。上手に取り入れて、食事で取れなかった栄養をおやつで補給していきましょう!

<TEXT/にらさわあきこ PHOTO/anetlanda>