ブルーボトルコーヒーが六本木・中目黒・品川に新店舗、16年秋に順次オープン

写真拡大

ブルーボトルコーヒーが2016年9月から10月にかけて、都内に新たに3店舗をオープンする。新店舗は、9月に六本木のトライセブン ロッポンギ(TRI-SEVEN ROPPONGI)内、10月28日(金)に中目黒、そして秋に品川への出店を予定している。

六本木カフェは、東京ミッドタウンの真向かいに位置しながら、緑と光あふれる空間となっており、四季のうつろいを感じられるスペースに。店内では、六本木店限定フードメニューとして「サンドイッチ‟ROPPONGI”」が展開。カタネベーカリーのパンで、六本木の‟6”にかけた、6種類の有機野菜をサンド。ボリューム満点なベジタブルサンドイッチに仕上がっている。

また、中目黒カフェは「コーヒーを楽しむ人を育てる」というテーマのもと、カフェスペースのみならず、トレーニングスペースやカッピングなどのできるワークショップスペースも完備。また、オープンを記念した限定企画を用意。LA発のプレミアムデニムブランドであるシチズンズ・オブ・ヒューマニティ(CITIZENS  of HUMANITY)とコラボレーションし、同社と製作したトート バックの発売、そして、同社が手掛けるフリーマガジン「HUMANITY MAGAZINE」の写真展を10月28日(金)から10月30日(日)の3日間限定で開催する。

また、スタッフがシチズンズ・オブ・ヒューマニティのデニムシャツを着用し、来店者をお出迎え。そのほか、ブルーボトルコーヒー創業者であるジェームス・フリーマンと、シチズンズ・オブ・ヒューマニティのクリエイティブディレクターであるジェラード フリードマンによるトークイベントも実施される。

各店舗とも、清澄白河ロースタリー&カフェにあるロースタリーで毎日焙煎されたコーヒー豆を使用し、一杯ずつ丁寧に淹れるコーヒーを楽しむことができる。なお空間アレンジは、引き続きスキーマ建築計画が担当した。

【詳細】
ブルーボトルコーヒー 新店舗
・品川カフェ
オープン時期:2016年秋予定
住所:東京都港区港南2-18-1
店舗面積:165.80m²(50.15坪)

・六本木カフェ
オープン時期:2016年9月16日(金)
住所:東京都港区六本木7-7-7
店舗面積:138m²(42.02坪)
席数:27席
営業時間:8:00〜20:00

・中目黒カフェ
オープン日:016年10月28日(金)
住所:東京都目黒区中目黒3-23-16
営業時間:8:00〜19:00
席数:8席

■限定アイテム
・BLUE BOTTLE COFFEE × CITIZENS of HUMANITY トート バック 2,500円+税
■写真展
PHOTOGRAPHY EXHIBITION FROM HUMANITY MAGAZINE
会期:10月28日(金)〜10月30日(日)
開催時間:8:00〜19:00(19:00クローズ)
開催場所:ブルーボトルコーヒー 中目黒カフェ ワークショップスペース
■トークイベント
BLUE BOTTLE COFFEE × CITIZENS of HUMANITY
開催日:10月26日(水)
開催時間:17:00〜18:00
開催場所:ブルーボトルコーヒー 中目黒カフェ ワークショップスペース


[写真付きで読む]ブルーボトルコーヒーが六本木・中目黒・品川に新店舗、16年秋に順次オープン

外部サイト

  • 「青参道アートフェア2016」表参道&青山のファッションストアや人気カフェが展示スペースに
  • 東急プラザ銀座がオープン、日本初上陸ギリシャレストラン「アポロ」や東急百貨店による「ヒンカ リンカ」
  • ウイスキーかき氷「みぞれ山崎」が京都の屋上ハイボールガーデン「空床」で限定発売