インスタグラム、投稿が24時間で消える新機能「ストーリーズ」を発表

写真拡大

 インスタグラムが、新機能「インスタグラム ストーリーズ(Instagram Stories)」を発表した。ストーリーズでの投稿は従来のプロフィール画面やフィードには表示されないほか、「いいね!」や公開コメントがつかず、投稿後24時間で自動的に消えるため、気軽にシェアしやすいのが特徴だ。 インスタに新機能が登場の画像を拡大

 「インスタグラム ストーリーズ」は、撮影した動画や写真に落書きできる機能を搭載。落書き用のブラシは3種類、9色が用意され、キーボードで文字を入力できるテキストツールも使用可能。ストーリーズでシェアされた写真や動画はプロフィール画面には表示されず、フィード画面上部に横並びに表示されたアイコンをタップすることで閲覧できる。これまでのインスタグラムでは、セレクトされた写真や動画を凝った加工で投稿する場として人気を得てきたが、「何気ない瞬間も気軽にシェアしたい」というユーザーの声からストーリーズ機能の追加に至った。一方、ネット上では、落書き・テキストツールや投稿が24時間で消えるという特徴が、ミレニアル世代を中心に絶大な支持を得るSNS「スナップチャット(Snapchat)」に酷似しているという見方もでている。 ストーリーの公開範囲はアカウントのプライバシー設定と同じく、アカウントが非公開設定の場合はフォロワー限定で公開される。特定のフォロワーを公開範囲から外すことも可能で、自分が投稿したストーリーを再生中に画面を上方向にスワイプすると、誰が閲覧したかを確認することができる。関連:【まとめ】ジャック、中継、リーク...海外ブランドの「スナップチャット」活用事例