アニメ「侍霊演武」(ソウルバスター)の日本上陸記者発表会に行ってきた!

写真拡大 (全16枚)

8月2日(火)、赤坂ガーデンシティで、アニメ「侍霊演武」(ソウルバスター)の日本上陸記者発表会が開催されたので行ってきた!

「侍霊演武」(ソウルバスター)は、中国の漫画家・白猫氏が手掛ける、現代中国を舞台にした新しい三国物語で、中国のコミック誌「尚漫」にて連載されている人気漫画だ。

その「侍霊演武」(ソウルバスター)が、なんと中国の動画配信大手「Youku Tudou」と、日本のアニメ制作会社スタジオぴえろによる日中共同制作でアニメ化され、今秋から日本では地上波で、中国ではネット配信で同時公開予定とのこと!

発表会にまず登場したのは、静野孔文(しずのこうぶん)総監督と渡部穏寛(わたなべとしのり)監督。

2カ月後に放送が開始される予定の「侍霊演武」(ソウルバスター)、制作は順調に進行しているそうだが、制作する上で工夫したことについて、静野総監督は「マンガ通りにストーリーを進めるというのも手だったが、本田さんという優れたシナリオライターに入ってもらったので、テンポをよりスピーディーにもっていく試みと、日本のアニメ業界の中でも最先端の映像を伝えることを表現することにより、日中両国で対応できる作品になっているのではないかと思う。」と話し、渡部監督は「三国志を基に原作は展開しているが、歴史がわからなくても楽しめる工夫。初見でも、面白そうだなと思える工夫をした。」と語った。

さらに、今作の見どころについて、静野総監督は「原作が非常に優れた作品だが、それをアニメーションで全12話・1話10分という短い尺の中でどのように魅力を伝えられるかというのを、渡部監督とシナリオライターの本田さんとミーティングを交わして上手く詰め込めたので、ストーリー展開に注目してほしい。」と話してくれた。
 

また、渡部監督は「中国の方は原作を知っているが、日本の技術や表現方法でアニメにした時に、こういう表現もあるんだ!と、もっと興味を持ってもらいたい。そして日本の視聴者にも、中国には面白いマンガがあり、アニメにしたことで、もっと中国のほうにも興味を持ってもらって(「侍霊演武」を日本と中国の)懸け橋にしたい。」をコメント。

そして最後に、静野総監督は「中国と日本の共同制作は非常に珍しいが、これからどんどん増えていくと思う。その一番先頭に近いところで成功させていけたらいい。今後このような作品がどんどん増えていくことを望んでいます。」と語った。

次に登場したのは、孫宸(そんしん)役の水島大宙(たかひろ)さん、周瑜(しゅうゆ)役の田辺留依さん、凌雲(りょううん)役の劉セイラさん、馬麟威(ばりんい)役の柿原徹也さんら、豪華声優陣!
今回は、3枚のカードの中から1枚を引いて、そこに書かれている質問に答えていくという、今作を意識したインタビュー形式が取られた。

まず、孫宸(そんしん)役の水島さんが引いた質問は「主人公である孫宸のように、バトルに巻き込まれたら、水島さん自身は逃げますか?それとも戦いますか?」というもの。

水島さんは「戦いませんよ。逃げますよ。」と即答。そこに周瑜のような美少女が現れても「物陰に隠れて見守っている。」とのこと。
「物語的に、僕がやられちゃったら、元も子もないので、僕は生きるために逃げます。」と、上手く?まとめていた。

続いて、周瑜(しゅうゆ)役の田辺さんが引いた質問は「周瑜は、女子力が低い美少女ですが田辺さんの女子力は高いですか?低いですか?」。

田辺さんは「絶賛、底上げ中でございます。今、女子力を上げようと必死に頑張っています。」と回答。
さらに「可愛い女の子を見るのが凄い大好きで、憧れる部分が強くて、私もそういう風になれたらいいなという気持ちを持ちつつ、近づけるように、オシャレだったりとか、女の子らしい行動を取るように心がけています。」と答えた。