写真提供:マイナビニュース

写真拡大

青い空や海が美しい季節。旅するこねたものたちも、海にやってきたようです。
今週は、そんな景色にぴったりな「行雲流水」という言葉をご紹介します。

雲はあてもなく空を行き、水は絶え間なく流れつづけるもの。
常に変化を続け一時として同じ状態を保つことのないこれらに、
無常や自由な心のあり方を見出した言葉とされています。

旅をしながら、道ゆく人や自然など日常の様々なものから
学び修行する禅宗の修行僧は、この言葉をもとに「雲水」と呼ばれています。

ひとつの場所や考え方にとらわれず、柔軟な生き方ができているでしょうか。
忙しくしていると、ついつい同じような行動で日々を過ごしてしまいがちです。
日常が凝り固まっているように感じたら、流れる雲や水のイメージ、
そしてこの言葉を思い出してみてください。

いつもと違う道を歩いてみたり、いつもと違うお店に入ってみたり。
小さなことから、日常をほぐしていきましょう。

■こむぎこをこねたもの、とは?

■著者紹介

Jecy
イラストレーター。LINE Creators Marketにてオリジナルキャラクター「こむぎこをこねたもの」のLINEスタンプを発売し、人気を博す。「こむぎこをこねたもの その2」、「こむぎこをこねたもの その3」もリリース。そのほか、メルヘン・ファンタジーから科学・哲学まで様々な題材を描き、個人サイトにて発表中。

「週刊こむぎ」は毎週水曜更新予定です。

(Jecy)