ピン1本、1分以内で!中村アン風「セクシー片寄せヘア」の作り方

写真拡大

仕事中やアフターファイブ、気分を変えようとヘアアレンジを試みる働き女子は多いはず。

しかしゴムやピンを使ってのアレンジは簡単そうに見えて意外と難しいもの。自宅で練習してみても、思い通りにいかないことが多いのではないでしょうか。とはいえわざわざ巻き直すのも、道具が必要になるので面倒です。

そこでオススメしたいのが、“片寄せヘア”や“ワンサイドダウンヘア”と呼ばれているヘアアレンジ。その名の通り、髪を片方に寄せて固定するだけで、どこか色っぽく大人っぽい印象を作るヘアスタイルです。かきあげヘアブームを作った中村アンさんも、最近は片寄せヘアでアレンジしていてとってもオシャレ!

今回は美容ライターの筆者が、不器用さんでも簡単“片寄せヘア”の作り方をご紹介します。

■用意するもの

必要なものはなんとピン1本のみ! 所用時間も1分以内で、まさに超簡単アレンジ法です。

ストレートヘアの場合はクールな印象、巻き髪の場合はナチュラルで無造作な印象に仕上がります。仕事中や退勤前で、朝巻いた髪が取れていても、髪を寄せることでボリュームが出てカール感がアップします。カールがとれかけ程度の方がむしろ自然体に見えるので、巻き直す必要もありません。

前、後ろ、横どこから見ても違った見え方がして、とくにバックスタイルはうなじがチラリと覗き男性がドキッとするはず。

■ステップ1:利き手側に髪を寄せる

髪を流す方向はどちらも構いませんが、最後にピンを止めるので利き手側に寄せた方がやりやすいですよ。右利きの人は左から右、左利きの人は右から左へ。必ずではないので、前髪とのバランスなどを見て寄せる方向を決めましょう。

■ステップ2:襟足の髪をネジネジ

襟足の毛先を少しずつねじりながら、寄せる方へと流していきます。最後に髪の根元にピンを一本留めれば崩れるのを防いでくれますよ。

ピンは直角ではなく髪と平行におすのがポイントです。

■ステップ3: ルーズ感を出す

最後にねじった部分から少しだけ髪の毛を引っ張りだして、ルーズ感を演出しましょう。トップがペタンコになっていると華やかさに欠けるので、ふんわりさせて下さいね。

毛の量が多い人や硬い髪質の場合は、ねじる前に全体にワックスをつければまとまりやすくなります。

以上、不器用さんでも簡単“片寄せヘア”の作り方をご紹介しましたが、いかがでしたか?

寄せた髪をルーズに三つ編みにしたり、前髪と寄せた髪を編み込みにしたりと更にアレンジを加えれば、パーティ向きの華やかヘアに仕上がりますよ!

片寄せヘアでセクシーな雰囲気をこもし出して、あなたの魅力をさらにアップさせて下さいね。