写真提供:マイナビニュース

写真拡大

EMCジャパンは8月2日、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)と同社がRSA製品のリセーラー契約を締結したと発表した。

CTCは、EMCジャパンのプラチナパートナーとしてストレージ製品を使用したシステム構築や製品の保守サポートを提供しており、新たに、ログおよびパケットを一元的に管理するセキュリティ管理プラットフォーム「RSA Security Analytics」の販売を開始する。

RSA Security Analyticsは、ネットワーク、ログ、ID、エンドポイントの各データを独自に組み合わせて、脅威を検出および調査し、迅速に対応することによりビジネスに対する損害を未然に防ぐことができるセキュリティ管理プラットフォーム。

CTCは、情報セキュリティ分野のセキュリティシステムの構築、運用・監視、監査サービスをはじめ、サイバー防御支援サービス、情報セキュリティコンサルティングなど、多方面にわたる企業のセキュリティ施策を支援しており、事業リスクの低減を望む顧客に対し、攻撃の検知力と分析力を持つ「RSA Security Analytics」をCTCが培ってきたインシデント対応のノウハウと共に顧客に提案していくという。

今後、両社は連携を深め、用途の拡大が見込まれる企業のサイバーセキュリティ対策についてビジネスの更なる展開を図っていくとしている。

(Aries)