2日、リン・チーリンとエディソン・チャンの間に発生したトラブルで、エディソン・チャンの父親もこれに参入。中国メディアを通じて声明文を発表し、リン・チーリンに対して「傷ついた子羊のようなふりをするな」と警告した。写真はエディソン・チャン。

写真拡大

2016年8月2日、女優リン・チーリン(林志玲)と歌手で俳優のエディソン・チャン(陳冠希)の間に発生したトラブルで、エディソン・チャンの父親もこれに参入。中国メディアを通じて声明文を発表し、リン・チーリンに対して「傷ついた子羊のようなふりをするな」と警告した。聯合報が伝えた。

【その他の写真】

リン・チーリンとエディソン・チャンの間で騒動が持ち上がったのは、先月末のことだった。エディソン・チャンが中国版ツイッター上で、リン・チーリンのことを「ビッチ」と語ったことで、話題に火が付いた。エディソン・チャンの恋人で、中国人モデルのチン・シューペイ(秦舒培)が、リン・チーリンも出演する中国の新バラエティー番組から降板させられ、それを陰で指示したのがチーリンだったという言い分が、今回の騒動の理由となっている。

2日、この騒動にエディソンの父親で実業家の陳澤民氏も参入。声明文を発表し、エディソンのリン・チーリンに対する発言について、「汚い言葉で人をおとしめるべきではない」としながらも、「息子は正直で誠実、愛する人のために義理を尽くす人間だ」と弁護している。

さらに陳氏は騒動の発生後、リン・チーリン側と番組の制作担当側が、発言をコロコロ変えていると指摘。陳氏自身がリン・チーリン側からの降板指示があったと疑っていることを明らかにし、「一番の被害者はチン・シューペイさんだ」と語っている。

陳澤民氏は、「苦労して稼ぎ、社会の中で戦っている女性が、前夫(大手エンタメグループ・華誼兄弟集団の幹部)の攻撃にさらされ、さらにリン・チーリンさんに仕事を奪われるのは気の毒だ。道義心を持つ人間なら、リン・チーリンさんを支持しないだろう」として、チン・シューペイを擁護。さらにリン・チーリンに対し、自ら表に出て説明することを求め、「傷ついたかわいそうな子羊のふりをするのはやめてほしい」と呼び掛けている。(翻訳・編集/Mathilda)