希少植物をこの目で プラントハンター・西畠清順の「ウルトラ植物博覧会」

写真拡大

8月4日(木)より、東京・銀座の「ポーラ ミュージアム アネックス」にて、プラントハンターの西畠清順が集めた珍しい植物を紹介する『ウルトラ植物博覧会2016 西畠清順と愉快な植物たち』が開催される。

西畠は、150年続く花と植木の卸問屋「花宇」(兵庫県川西市)の五代目だ。明治元年に創業した花宇は、二代目の徳松の時代に、当時珍しかった温室を作って開花の時期をコントロールすることに成功し、四代目の勲造は国内外の珍しい植物を収集して、全国の専門家から植物素材の調達を依頼される存在に。五代目の清順は、日本全国・世界数十か国を旅して数千種類に上る植物を収集し、年間240トン以上の植物を仕入れている。

同展は昨年も同会場で開催され、当時の同館の最多動員を記録した。会場には、西畠が展覧会のために収集した希少な植物が登場。2回目となる今回は、SIMPLICITY 代表の緒方慎一郎が会場構成を担当し、陶芸家・内田鋼一が作り出す器と西畠の植物とのコラボレーション作品が展示される。

『ウルトラ植物博覧会2016 西畠清順と愉快な植物たち』は、2016年8月4日(木)〜9月25日(日)まで、ポーラ ミュージアム アネックス(中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3階 東京メトロ「銀座一丁目駅」すぐ)にて開催。開場時間は11:00〜20:00。会期中無休。入場料は無料。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです