5人制アマチュアサッカーのワールドカップ「アットホーム F5WC」10月から開催!のキャッチ画像

写真拡大

5人制サッカーのワールドカップ「アットホーム F5WC 2016-2017」が、全国各地で2016年10月から開催されます。2016年3月に日本が世界2位に輝いた5人制サッカーの世界大会「F5WC」。北京での世界大会に向けて国内エントリーを受付中です。誰でも「日本代表」になれるチャンス、この機会に応募してみませんか。

F5WC(Football Fives World Championships)とは?

F5WCは、16歳以上のアマチュア選手が対象の5人制アマチュアサッカー大会です。全6大陸の32ヶ国で予選大会が開催され、各国の優勝チームが国を代表して世界大会に出場。初開催の2013年から2014年にかけての大会では、ドバイのワールドトレードセンターで世界大会を実施しました。会場には欧州リーグの有名クラブからもスカウトが視察に訪れるほど、実力者が集まった大会です。
実際、イングランド・プレミアリーグの「マンチェス ター・シティFC」と、「チェルシーFC」にUAE代表の選手2名がスカウトされ、ユースチームの合宿に参加しました。2016年の大会は、アジア初タイ・バンコクでも開催されます。元スペイン代表ミチェル・サルガド氏と、元イングランド代表のポール・スコールズ氏がアンバサダーとして、視察とエキシビジョンマッチに登場するなど、世界中から注目を集める大会です。  

●大会での日本の活躍

2015年から2016年までに行われた大会では、中央大学の学生中心のチーム「TamaChan」が日本代表として出場しました。予選リーグでは世界最大の予選大会を開催するアメリカとは引き分けでしたが、トルコとインドを破り予選を2位で通過。決勝トーナメントでは強豪の南アフリカやイングランド、アイルランドを熱戦の末破り、見事決勝に進出しました。決勝戦では惜しくもコロンビアに敗れましたが、世界を相手に堂々の準優勝を飾ったうえ、フェアプレー賞を受賞したのです。さらに1名の選手がタイのチームからオファーを受け、もう1名もオーストラリアのリーグに進み活躍しています。日本サッカーの実力を見せつけながら、選手にとっても夢を叶えることができた大会でした。2016年から2017年の大会には、日本を含めた世界32ヶ国で予選が開催されます。

第3回「アットホーム F5WC JAPAN CHAMPIONSHIP 2016-2017」の日程・会場

5人制アマチュアサッカーのワールドカップ「F5WC」は2016年3月にタイのバンコクで開催され、日本代表チームは世界2位の座に輝きました。第3回目は日本大会です。開催場所は東北・関東・東海・関西・九州エリアの30会場。2016年10月1日(土)より順次、予選大会がスタートします。2017年2月に東京都内近郊で開催予定の決勝大会へ進出できるのは、各会場での予選大会を勝ち抜いたチームと特別推薦の2チームです。計32チームが北京で行われる世界大会への切符をかけて戦います。

●大会を盛り上げるアンバサダーは前園真聖氏

元サッカー日本代表の前園真聖氏が、3大会連続で大会を盛り上げるアンバサダーに就任しました。前園氏のSNSやブログで情報を広く発信するほか、日本大会決勝に来場して解説や表彰式のプレゼンターを務める予定です。 

イベント詳細
名称:アットホーム F5WC 2016-2017
開催場所:東北、関東、上信越、東海、関西、中国、四国、九州エリア全30会場
決勝大会:東京都内近郊(予定)
開催期間:
予選:2016年10月1日(土)〜2017年1月8日(日)
決勝大会:2017年2月
公式HP:http://f5wc.jp
公式Facebook:https://www.facebook.com/f5wcjapan
公式Twitter:https://twitter.com/F5WC_JAPAN