米国初の洋上風力発電所、ロードアイランド州に建設

写真拡大

アメリカ独立戦争を率いたロードアイランド州はいま、化石燃料からの独立を先導しようとしている。Deepwater Wind社とGEが3年の歳月をかけて建設してきた米国初の洋上風力発電所が、いよいよ今年完成するのだ。

「米国初の洋上風力発電所、ロードアイランド州に建設」の写真・リンク付きの記事はこちら

米国ロードアイランド州で建設を行うのは簡単ではない。

古風で趣のある沿岸の町にはハリケーンと熱帯暴風雨が通り、素晴らしい夏の週末を邪魔してしまう。凍てつく冬には大吹雪となり、州全体の機能が停止することもある。そして、どの季節でも腐食性のある潮風が吹く。その風は独立宣言をしたアメリカ最初の植民地に、いまだに怒りが収まらないイギリスから吹いているかのように沿岸部を苦しめている。

しかしある企業が、ロードアイランド州に絶え間なく吹く風は役に立つと考えた。Deepwater Wind(ディープウォーターウィンド)はGeneral Electric Renewable Energy(GEリニューアブルエナジー)と提携し、アメリカで最初の洋上風力発電所をブロック島の沖に建設する。2016年末に送電網に接続されると、今後数年のうちに観光地の電力の90パーセントを供給できるようになるという。

しかし、それを実現させるのは簡単ではなかった。水の流れや厳しい風に晒されるなか、高さ数百フィートあるタービンをデザインし、海底に固定して建設を行う作業には、およそ3年がかかっている。

厳しい環境に耐えるために

ディープウォーターウィンドのタービンは今年6月にはブロック島に届いており、その長さはおよそ250フィート。つまりローターの上から下までの長さが500フィート以上になることを意味する。

タービンがこれだけ大きい場合、さまざまな風の状況に対応できなければならないだろう、と洋上風力発電を研究するデラウェア大学のクリスティナ・アーカー教授は言う。タービン全体に同じ速度で風が吹くこともあるが、風の速度は1日の間に劇的に変化する。ある時は海面付近に比べて上空での風力が毎時10マイル速くなることもある。

タービンを守るために、技術者はローターをロックして回転が速くなりすぎたり無秩序になったりすることを防いでいる。「限界以上の風速レヴェルに達したら、装置を停止して待機させるのです」と、GEリニューアブルエナジーのプロジェクトディレクター、エリック・クルセレイは言う。また、気温が低すぎるときにも同じことが起きる。-10℃以下になるとタービンは休止するのだ。

しかし、ローターを停止しても風は止まない。各ブレードの大きさはサッカー場とほぼ同じであり、多くの風が当たるためタービンはぐらついてしまう。それを安定させるために、タービンは海底200フィートのところにある土台に固定されている。耐腐食性コーティングが施された強固な建築材の支えにより、タービンは風や嵐に十分堪えられるのだ。

タービンの内側もまた加圧されており、発電機を内側から故障させる可能性のある風や塩を取り除いているのだとクルセレイは言う。

化石燃料からの独立

ブロック島での建設が終わったら、ディープウォーターウィンドはブロック島の発電所よりも30倍多くの電力を供給する、「Deepwater ONE」と呼ばれるさらに大きな洋上風力発電所を沖合いに建設するつもりだという。

また、アメリカで洋上風力発電所を建設しようとしている企業はほかにもある。エネルギー省は国の電力需要のおよそ80パーセントは沿岸の州にあると見積もっており、沿岸の都会生活者が住む場所に近い土地から電力を得られるようにするために4,000万ドルの支援を約束している。

洋上風力発電所が建設できる場所はたくさんある。「東海岸には大きな可能性がある」とアーカー教授は言う。特にニューイングランドは注目されており、ニュージャージー州とヴァージニア州では現在開発が進められている。

西海岸も黙ってはいない。エネルギー省が資金援助しているプロジェクトのひとつに、オレゴン州の浮体式洋上風力発電企業が行うものがある。Trident Windsという会社は、カリフォルニア州のモロ・ベイに洋上風力発電所を建設し始めたばかりだ。計画ではブロック島の風力発電所よりも、20倍の電力を供給できるという。

化石燃料を再生可能エネルギーで代替するための、画一的な解決策はない。しかし次世代の洋上風力発電所は、アメリカの沿岸地域に大きな貢献を果たすだろう。1775年、ロードアイランド州は先導してイギリスから独立した。そして2016年、彼らは化石燃料からの独立に向けて道を切り拓いている。

RELATED