歌舞伎俳優の市川春猿は知られざる歌舞伎の世界について語る/(C)NTV

写真拡大

SMAP・中居正広がMCを務める「ナカイの窓」(毎週水曜夜11:59-0:54日本テレビ系)。8月3日の放送では、「日本の文化SP」と題して、伝統芸能など“和”の世界を極めたゲストが集結し、それぞれの世界の特徴や金銭事情などを語り合う。

【写真を見る】和太鼓奏者の岸野央明は、「日本文化を格好良く」がテーマだと明かす/(C)NTV

歌舞伎俳優の市川春猿は、歌舞伎俳優を育てる養成所を経て、「澤瀉屋」に弟子入りしたというが、歌舞伎一家である“梨園”出身者と一般家庭出身者の待遇の差など、知られざる歌舞伎界について語る。

また、女形の春猿はプライベートでもトイレは個室を使うことなど、さまざまなことに気を付けているという。そこで気を付けていることの一つである歩き方を、中居にレクチャー、一緒に歩いてみることに。

さらに海外でも活躍している和太鼓奏者の岸野央明から、中居が和太鼓を教わることに。だが、挑戦した中居は「まじ難しい」と思わず本音を漏らす。

ほか、将棋棋士の佐藤紳哉、落語家の立川談笑、盆栽師の平尾成志が登場する。