夫婦ゲンカの大きな原因のひとつに「お金」があると聞く。お金のことで、夫婦はどのようにケンカになることが多いのだろうか。ファイナンシャル・プランナーの柳澤美由紀さんに聞いた。

●価値観の違いからモメごとに

「夫婦のお金のモメごとは、よくありますね。今まで生きてきたなかでの価値観の違いから、相手の言うことが『理解はできても、納得はできない』ということはあるものです」(柳澤さん 以下同)

例えば、共働きに多いのは、「どちらがお金を出すかでモメる」パターンだそう。

「それぞれの収入から予算を決めてお金を出し合い、妻が管理する家庭は多いです。しかし、夫側からすると、妻の洋服やバッグは『なんでそんなに必要なのか』と。一方、夫の飲み代や趣味のお金がかかりすぎると不満に思う妻も多いですよね」

何を必要と思うかは、人それぞれ。一つひとつについて「生活費にするか否か」を明確にしていくと、どうしても価値観の違いからケンカになるという。

「たくさんの服や趣味の道具など、生きる上で必要なくても、自分らしくあるためには必要だというモノもありますよね。その場合、生活費としての共有部分を少なくし、お小遣いの範囲を広げて『自分のモノ』は、そのなかでやることにすれば良いですよ」

解決策の1つは、「積み立て」は共有とし、「生活費は妻」「家・車・教育費は夫」とするなど、分担を明確にすることだ。そのほかのモノについては「自分のモノは自分で負担する」と認めれば、双方お金に対してストレスを感じなくなる上、お小遣いの範囲で好きなことができて、足りないときには工夫も考えるそう。すると、ケンカは減るそうだ。

●イレギュラーな出費に対応できる予算を別立てする

また、お金で夫婦ゲンカになる大きなきっかけに、イレギュラーな出費があるという。

「やりくりはイレギュラーなことに弱いもの。なぜなら、いちばん低いときの額で設定しがちなので、通常と違う出費が少しあると、すぐに対応できなくなってしまうのです」

そのため、オススメはイレギュラーの予算をあらかじめ「予備費」などとして別立てしておくことだそう。

「例えば、月に飲み会が1回ある場合、いきなり言われると困るので、『飲み会予算』として月5000円、年間6万円をボーナスから引かせてもらうなどとすると、相手も受け入れやすいですよ」

お金でケンカしがちな夫婦は、共有部分を極力減らし、それぞれの小遣いの範囲で自分のことをすること。そして、「予備費」を設けることで、ケンカの機会をグンと減らせるかも。

(田幸和歌子+ノオト)