7月28日、中国四川省成都市の第二環状線内で最大のスラム街である双林北横路127号と129号を取材した。

写真拡大

7月28日、中国四川省成都市の第二環状線内で最大のスラム街である双林北横路127号と129号を取材した。

【その他の写真】

この一帯には1980年初めから家屋が建ち並ぶようになり、200世帯あまりがガスやトイレもなく、排水も劣悪で、消防用の通路も狭く、不法な生鮮市場が占拠する形ですでに30年間も暮らしてきた。このほど「棚戸区(バラック区)改造」案によってここに住む住民全ての意向確認書を完了し、212世帯がこの場所から永久に離れることとなった。中国新聞網が伝えた。(提供/人民網日本語版・編集YK)