「第3回オリジナル微博(ウェイボー)コンテスト」の表彰式とフォロワーの交流会が7月30日、在中国日本大使館で開催。横井裕・駐中国日本大使や同大使館・ニュース文化センターの山本恭司公使らが駆け付けた。

写真拡大

「第3回オリジナル微博(ウェイボー)コンテスト」の表彰式とフォロワーの交流会が7月30日、在中国日本大使館で開催。横井裕・駐中国日本大使や同大使館・ニュース文化センターの山本恭司公使らが駆け付けたほか、受賞者12人が、100人以上の観客を前に、日本で見聞きしたこと、感じたこと、撮影した写真などを紹介した。人民網が伝えた。

【その他の写真】

「日本を楽しむ」をテーマにした同コンテストは4月15日から5月31日まで行われ、過去最多の2000件以上の投稿が応募された。表彰式では、一等賞を受賞した4人が写真の背後にあるエピソードなどを紹介した。

孫暁楠さん(微博のアカウント名:依尼特)の作品は、東京タワーをテーマに展開されている。孫さんによると、2007年に見た日本ドラマ「東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン〜」が非常に印象的で、今年4月に妻と共に日本旅行に行った際に、ドラマに何度も登場した場所をわざわざ訪れたという。「今回の日本の旅で夢がかなった」と孫さん。

林木森さん(微博のアカウント名:林木森撮影師)は、妻と共にハネムーンで大阪や京都の宇治を訪問した際に撮影した写真が受賞した。林さんは、「妻は漫画や日本ドラマが好きで、僕はカメラや日本の名著が好き。神社にある像や『源氏物語』の主人公の像、大阪万国博覧会のシンボルとなった建築物、ガンダムのモニュメントなどを撮影した」と笑顔で話した。林さんの微博では、今と昔の日本の文化が、写真を通して紹介されている。

張旭瑩さん(微博のアカウント名:momozxy)は、東京や富士山、日光などの観光地で、手帳に記念スタンプを押した。張さんによると、切手やスタンプの収集が好きで、日本旅行には大満足。ユーモアを込めて自身を「女性版三蔵法師」になぞらえ、「三蔵法師が外国に行くたびに『通関文牒(現在のパスポート)』にスタンプを押してもらったように、私も旅行へ行った場所でスタンプを探して押している」と話した。

人民網が開催した「環遊日本―訪日中国人観光写真・動画コンテスト」でも動画三等賞を受賞した徐逸■さん(■は日へんに童。微博のアカウント名:XuYiTo)は今回のコンテストで一等賞を受賞した。今回受賞したのは「青」をテーマにした沖縄の写真。「昨年の夏に沖縄に行った。暑かったけど、沖縄の海は、静けさとさわやかさを与えてくれた」。

一等賞受賞作品について、横井大使は、「孫さんの東京タワーをテーマにした作品は、同名の日本ドラマと関連させ、とても温かみがある。林さんの作品は、斬新な視点で、日本各地の像やその文化的背景を捉えているところがおもしろい。張さんの作品は、私が日本の各観光地でスタンプを押した時のことを思い出させてくれた。徐さんの作品は、『青』を基調にして、沖縄の澄み切った空や鮮やかなブルーの海など、たくさんの景色を捉えている」と評価。

「昨年、日本を訪問した中国人観光客は延べ500万人。今年は、この数をはるかに上回ると予測されている。日本と中国の美しい未来のために、一人でも多くの観光客が日本を訪問し、日本を楽しみ、理解するのは何よりも大切なこと。そのために、私と大使館の全てのスタッフは一層の努力を払いたい」と語った。また、横井大使は、一等賞受賞者4人を、共に日本の特色と魅力を伝える微博顧問に任命した。

その他、在北京沖縄事務所は、沖縄の伝統舞踊を披露し、蒸し暑い北京に光と活力を与えてくれた。(提供/人民網日本語版・編集KN)