それでもやっぱりコンドームを(shutterstock.com)

写真拡大

 1990年代前半まで「死の病」とされていたHIV(ヒト免疫不全ウイルス)感染症。しかし今では多くの抗HIV薬が開発され、きちんと治療をすればAIDS(後天性免疫不全症候群)を発症することなく、長年にわたって日常生活を送ることができるようになった。

 とは言っても、今のところHIVウイルスを体内から完全に排除する方法はない。感染者は一生をかけて、HIVと付き合っていくしかないのだ。従って、パートナーがHIVキャリアである場合は、常に感染の危険性を頭に入れておく必要がある。

 ところが先日、「異性愛者のカップルの場合、パートナーがHIV陽性だとしても、抗HIV薬を服用していれば、コンドームを使わずに性交しても、ウイルス感染する可能性は極めて低い」という驚きのレポートが『Journal of the American Medical Association』誌に掲載された。

パートナーからHIVに感染はいない?

 この研究を行ったのは、デンマーク・コペンハーゲン大学教授のJens Lundgren氏らのグループである。常時コンドームを使わないカップルのHIV感染リスクを調べるため、2人のうち一方だけがHIV陽性である、欧州14カ国の888カップルを対象に、おおよそ1年強(2010〜2014年)にわたる追跡調査を実施。対象カップルは、約3分の2が異性愛者で、残りは男性の同性愛者だった。

 その結果、男性の同性愛者をパートナーに持つ10人と、異性愛者をパートナーに持つ1人の合計11人が、新たにHIVに感染したことが判明した。ただし、体内のウイルスを分析した結果、いずれもパートナー以外の人との性行為によって感染したと考えられるという。

 ちなみにHIV陰性の男性の同性愛者のうち33%が、また異性愛者のうち4%が、他のパートナーとコンドームなしで性交したと申告していた。

 また実際は、パートナーから感染するリスクもわずかにあると思われるが、分析の結果、そのリスクは、異性愛者のカップルでは0.3%未満、同性愛者のカップルでは0.7%未満であることも判明している。

 結論として、異性愛者のカップルの場合は、HIV陽性者が十分な抗ウイルス療法を数カ月続け、薬を服用している限り、「コンドームなしの膣性交によってHIVに感染するリスクは極めて低く、無視できる可能性が高い」と、Lundgren氏は述べている。

 一方、同性愛者カップルの場合は、同じ条件でもリスクがわずかに高まるものと見られ、「無視できるレベルとまではいえない」という。

 今回の研究は「追跡期間が短く弱点はあるが、感染の可能性について長年悩んできた患者とそのパートナーにとっては実に大きなニュースだ」と、HIVに詳しい米ワシントン大学(シアトル)のJared Baeten氏は述べている。

 それに対して、エイズ研究財団「amfAR」のRowena Johnston氏は、「対象者のようなカップルの場合、コンドームを使わなくてもさほど危険はないと思われるが、全く使用する必要がないとは言いにくい」と慎重な姿勢。

 米エイズ医療財団(AHF)のMichael Weinstein氏も「コンドームは安価で効果の高いHIV感染の予防手段であることに変わりはない」と話す。
コンドームを使っても危険はゼロにならない

 HIVに感染すると、血液、精液(カウパー腺液を含む)、膣液、母乳に、ウイルスが多く分泌される。一方、唾液、汗、涙、尿などにはほぼ含まれず、これらを介して他の人に感染させることはない。

 感染経路は、粘膜(腸管、膣、口腔内など)や血管に達するような皮膚の傷からとなり、傷のない皮膚からは感染しない。膣性交よりアナルセックスのほうが感染しやすいとされるのは、行為によって腸管内の粘膜に傷がつきやすいからだ。

 今回の結果は、感染者が薬を継続して服用していることが前提だ。抗HIV薬を飲むことにより、体内のウイルス数を検出限界未満まで減らすことができるため、結果的にパートナーに感染させるリスクはかなり低くなるのだ。

 一般的にHIVの感染確率は、コンドームを使用せずに挿入する性行為(膣性交やアナルセックス)を行った場合、0.1〜1%と考えられている。しかし、コンドームを使用しなかった、たった1回のセックスでも感染した人もいるため、この数字はあくまでも目安だ。

コンドームへの過信よりも「学びあえる関係性」

 もしコンドームを「正しく」使えば、わずかな感染確率を果てしなくゼロにすることが可能だろう。

 ちなみに、コンドームを着けての妊娠率(=失敗率)は3〜14%と意外に高い。しかも、相互伝染性やウイルスの性質(精子の500分の1の大きさ)などから、HIVウイルスの感染を防ぐのは妊娠を防ぐよりも難しいといわれている。

 またHIVウイルスの場合、オーラルセックスでも口内の傷を介して感染する危険性を認識しておなければならない。さらに、梅毒、淋病、クラミジアなど、他の感染症にかかっていると粘膜に炎症を起こしやすくなり、感染の確率が数倍から数十倍にも跳ね上がることもある。

 つまり、たとえコンドームを使っていたとしても、使い方を間違えていたり、不良品だったり、それ以外のリスク要因が揃えば、感染リスクはゼロにはならない。コンドームを過信することも、やはり危ないのだ。

 結局は、パートナーと安全なセックスについて話し合い、危険な行為について学びあえる関係であること、そして不特定多数の相手と関係を持たないようにすること――。

 性感染症の危険を本当の意味で遠ざけるのは、この2点に尽きるのだろう。HIV感染者だけでなく、非感染者にとっても、それは同じだ。
(文=編集部)