武井咲さんと滝沢秀明さんが禁断の恋を演じることで話題を集めているTBSドラマ『せいせいするほど、愛してる』。武井さん演じる栗原未亜と滝沢さん演じる三好海里の恋を通じて、恋愛の掟について学んでいきたいと思います。

先日放送の第2話では、2人の恋が動き出す気配が見え、「男性が“恋の始まり”を感じる瞬間4つ」という記事をお届けしました。

そして、前回放送された第3話では、未亜が海里に告白をしたものの、あっけなくフラれてしまう結果となってしまいました。

そこで今回は、“失恋”から立ち直る方法について紹介します。


(c)TBS

■思いきり「泣き明かす」

女性は泣くことでストレスを解消でき、スッキリできるという人が多いです。ひとまず思いきりとことん泣き明かすことで、1つのけじめがつけられるかもしれません。

辛い思いを抱えたまま、ウジウジとしてしまうよりも、“今日は泣く”と決めて1人で思い存分泣いてしまった方がいいでしょう。

恋愛映画を観たり、音楽を聴いたりしながら、思いきり浸って泣いてしまうと、モヤモヤも少しは晴れることでしょう。

 

■「連絡先」を削除する

相手の連絡先が携帯電話の中に残っていると、ふとしたときにどうしてもかけたくなってしまうもの。

また、電話を触っていて、名前を偶然見たときに思い出したりもしてしまいます。

連絡先を削除することは、必然的に連絡を取れないようにするだけではなく、気持ちに整理をつける効果もあります。酔ったときなどに思わず連絡をしたりしちゃうと、いつまで経っても引きずることになってしまうだけですよ。


(c)TBS

■「面影」は全て捨てる

彼からのプレゼント、彼と撮った写真、思い出の品などをいつまでも持っていると、それを目にする度に彼のことを思い出してしまいます。そんな状態では、なかなか気持ちも切り替えられないでしょう。

あと、彼とのメールやLINEも、なるべく消去するべきです。寂しくなって読み返したりしてしまうと、楽しかった日々を思い出してしまうだけです。彼の“面影”が残るものは、全て捨てる決心をすることが、踏ん切りをつける上でも重要ですよ。

 

■とにかく「忙しい」状態にする

未亜も海里にフラれてしまった後、カラ元気を出して仕事に思いきり打ち込みます。仕事に没頭することで、“失恋”という辛い思い出を、頭の中から消し去ろうとしていたのです。

失恋をして、彼との楽しかった日々を思い出したり、彼と行った場所を振り返ったりしていたら、いつまで経っても吹っ切ることができません。

忘れられない恋として、ずっと引きずってしまうことになるかもしれません。

そんな状態になってしまわないためにも、必然的に終わった恋のことを思い返している暇などない状況にしてしまうことが大事です。仕事に打ち込んだり、休日にも予定をビッシリと入れたりして、考える時間をなくしてしまうことも、失恋直後には有効な方法ですよ。


(c)TBS

“失恋”をしてしまったら、誰だってとても辛いものです。でも、そこから抜け出さないと、次の恋へもなかなか進めません。ずっと引きずったりしないように、切り替える方法も知っておくべきですよ。

今夜22時から放送の『せいせいするほど、愛してる』第4話では、ついに海里と結ばれて幸せの絶頂にいた未亜が、実は海里の妻が寝たきり状態であることを知ってしまいます。果たして、このまま2人の関係は続けていけるのでしょうか? ぜひお見逃しなく!

【参考】

※ 「せいせいするほど、愛してる」 - TBS

【関連記事】

※ 男性が「恋の始まり」を感じる瞬間4つ【「せいせいするほど、愛してる」から学ぶ恋の掟】

※ 男が「運命の出会い」だと感じる瞬間4つ【「せいせいするほど、愛してる」から学ぶ恋の掟】

※ 失恋知らず!いつまでも「恋が長続きする女子」の特徴4つ

※ 失恋したあなたに贈る…恋が終わった時に聞きたい名曲6選

※ 彼氏と別れられない「グダグダ期」…こんな時ってどうすればいいの?