大事にされる女性はやってる!オトコが「気遣い」よりも喜ぶコト

写真拡大

一般的に女性は、「気が利く方が愛される」といわれたりしますよね。実際に昔の女性は夫を支えたり、何かと気が利くことで愛されていたことは事実だといえますが、今の男女の恋愛ではちょっと様子が違うと筆者は思います。

気が利く人というのは、いつも周りや相手の男性を“見ている”ことが多いので、不安や不満を抱きやすい傾向にあります。そして実は“重い”と言われてしまう女性も、同じパターンです。

今回は数多くの恋愛を見てきた筆者が、変に気遣ったり重い女性になるのではなく、男性に気遣ってもらって軽やかに生きる女性になるために必要なことをご紹介します。

■男性からすると、気づかいも重い女性も一緒!

なんとも乱暴な言い方だと思われるかもしれませんが、男性は女性から気遣ってもらえれば、もちろん嬉しくないわけではありません。しかし、気づかってもらったからといって、それが恋愛感情に発展することはほとんどありません。それよりも自分が大切にしたいと感じる女性に愛情を感じていくのが男性というものです。

気遣いはビジネスシーンでは必要なスキルですが、必要以上に気遣って重いと思われる女性になるくらいなら、自分をもっと気遣ってあげましょう。

そうすることで男性からも気遣ってもらえる機会が増えていきます。軽やかに生きている女性は自分を本当に大切にしています。男性はそういう女性を選ぶものだと覚えておいてくださいね。

■気が利き過ぎると、男性がダメになる

一緒にいる女性が気が利き過ぎると、男性はだんだん何も頑張らなくなってしまいます。そしてあなたを大切にしよう、大切にしたい、という気持ちが抜け落ちていってしまいます。男性がそうなってしまうとあなたを幸せな気持ちにさせることが少なくなり、そこであなたが小言を言ってしまうと、途端に“重い女性”になり下がってしまいます。

“気づかい”や“尽くすこと”は男性には必要ありません。もちろんしたいことはしてあげたらいいですが、自然にしてしまうことだけで大丈夫。

あなたは男性からの気遣いや大切にしようとしてくれている姿勢に喜ぶ準備だけしておきましょう。それが結果的に男性を喜ばすこと、気遣うことに繋がります。

■男性にとって大切なのは、“信頼される”こと

女性は何かをしてあげたり、察したりすることを気遣うことだと認識していることが多いと思いますが、男性にとっては“気遣ってもらうこと”と、“信頼されていること”がセットで存在しています。つまり“信じて頼ること”こそが、男性への気遣いになります。このあたりは男女の捉え方がまるで違うので注意が必要です。

男性も時に辛いことや悩みをあなたに打ち明けることがありますが、変に心配して重くなるのではなく、信頼して「あなたなら大丈夫!がんばってね」と元気づけてあげましょう。

さて、いかがでしたでしょうか? 男性には女性の考える“気が利く女性”に恋愛感情を持つことはなかなかありません。それよりも自分を気遣い、大切にして生きている女性が結果的に幸せな男性を引き寄せています。

他人や男性を気遣ってばかりで重くなって嫌われてしまう前に、自分を大切にしてあげましょう。男性には“気遣い”ではなく“信頼”をあげることで、あなたを大切にしてくれる男性がもっと増えていきますよ。

【筆者略歴】

広中裕介・・・恋愛の学校『Love Academy』代表ゆ〜すけ。全国で独自の講座・セミナーを開催。愛する人の世界でいちばん可愛い女になる をテーマに講師の育成、恋愛の楽しさを伝えている。2016年COMMYにてオンラインサロンを開設。

【画像】

※ Mizin Roman / Shutterstock