人は目標や目的をもったとき、「誰かに成功のコツを教わりたい」と思いがち。そしてその気持ちが強い人ほど、各種セミナー、特に自己啓発セミナーにハマりやすいものです。

でも、セミナーに行った結果、「よしわかった! 次は行動だ!」と、すぐに実行できればよいのですが、実際にはそういうタイプは少数派。

むしろ、「まだ足りない」とばかりに、セミナーを次から次へと渡り歩人のほうが多いようです。1,000万円以上のお金をセミナーに投じる人も珍しくなく、そういうタイプを「セミナージプシー」と呼びます。

冷静に考えれば、「セミナーを渡り歩く時間とお金とエネルギーがあるなら、現実に目標や目的に向けて現実的に行動した方がいいんじゃない?」と気づくのですが、セミナージプシーにはそれができません。

なぜでしょうか? 実は心理的な理由が3つあるのです。そしてそれは多くの場合、幼少期の親とのかかわりに原因があります。

■心理1:失敗が極端に怖くて完璧主義

異常なほど失敗が怖い人、極端な完璧主義はセミナージプシーになりやすいタイプです。なぜなら、「完璧に準備をしないと成功できない」と思いこんでいるからです。いくら学んでも学んでも「あれが欠けている」「これが足りない」と、「ない」ところに目を向けてしまうのです。

「幼少期に100点以外は許されなかった」「ちょっとでも親のいうことに背くと猛烈に怒られた」など、失敗が絶対に許されなかった環境に育った人に多い傾向。

また、「100点か0点かのどちらかしかない」などといった二分的思考(「白か黒か」しか選択肢がなく、グレーゾーンを考えられない)に陥りやすいことも特徴のひとつです。

このタイプの目標や目的も「完璧な自分になる」「欠点が一切ない自分になる」であることが少なくありません。なかには、失敗をすること、完璧でないことが死と同じくらい怖いことととらえている人もいます。

■心理2:自分の頭で考えられない

セミナー講師のいったことを鵜呑みにし、まったく疑いを持たないタイプもセミナージプシーになりやすいタイプです。セミナー講師のいうことを、100%正しいと信じ込んでしまうのです。

講師が実際の行動を促すタイプならまだいいのですが、講師が受講生を囲い込み、次から次へとワークショップへ誘うようなら要注意。その講師にとって受講生は、「金払いのいいお客さん」でしかありません。

離れて実際に行動に移さない限り成功はないのですが、なにせ自分の頭で考える習慣がないので、ずるずると講師にいわれるままにお金を払って受講し続けます。

自分の頭で考えられないのは、幼少時に原因があります。親が極度に過保護で、本人が「なにかしたい」という前に先回りしてすべて本人の代わりにやってしまっていた。

あるいは、自発的に考えて行動したときに無視する、不快な表情をするなどして、自分の頭で考えさせないようにしていたかのいずれかです。

「自発的に物事を考える」という芽を小さいうちから摘み取られ、親のいうとおりに100%生きていたら、自分自身で考えて行動することができなくなります。

また、仮に自分でなにかを考えたついたとしても「これが本当に正しいのかどうか」を絶えず気にしてしまい、自分に影響を及ぼす人物に答え合わせをしたくなるのです。

なお、このタイプのセミナー受講理由は「○○さんがいいといったから」というような、周囲の評判や近しい誰かの言葉に左右されたものであることが多いです。

■心理3:承認欲求がやたらと強い

仮に目標や目的を実現するためにセミナーを受けたとしても、受けた本人の承認欲求が過度に強ければ、自己実現ではなくセミナーを受けることが目的にすり替わっていくでしょう。

なぜなら、自己肯定感が低く、誰かに認めてもらわないと常に不安なタイプは、褒められたり認められたりすることがなによりも心地いいからです。セミナーは講師だけでなく、同時期に受講する仲間もいます。

ともに励まし合い、情報交換をする仲間がいったんできると、その輪からはみ出るのが怖くなるため、目標達成のために一人で行動できなくなるのです。

このタイプは、幼少期、親との会話が少なかったり、親との接触がほとんどないケース、または普段は接触がないものの、特別にいい子だったり、世話の焼ける子だったりするときに限って親がかまってくれたという過去を持つ場合が多数。

一人で自由に行動していると、親がまったく見てくれず、寂しい思いをしていたため、人一倍愛情に飢えているといえます。

この3つの心理の奥底には恐怖が隠れています。

完璧主義が死ぬほど恐れているのは、失敗すること。自分の頭で考えられない人は、自分の考えが間違っていると批判されることが恐ろしいと感じています。そして承認欲求が強い人は、誰にも存在を認めてもらえないことがなによりの恐怖なのです。

そして、その恐怖は、幼少期に感じていた「居場所を失う恐怖」「親とのつながりがなくなってしまう恐怖」から来ています。そしてどの恐怖も、いまの大人としての自分の現実を受け入れることを妨げています。

成功は完璧だから成し遂げられるわけでもなければ、誰かのいいなりになるからできるものでもありません。ましてや、周囲のすべての人に受け入れてもらえるから成功するのでもありません。

成功は、ちいさな一歩からスタートし、さまざまな試行錯誤を経て体験と経験を自分の手と足でコツコツ積み上げて、やっと得られるものなのです。

そういった現実を受け入れるには、まず自分自身の無意識で感じとっている恐怖と向き合う必要があります。

幼少期からひきずってきた恐怖に気づき、思い込みを修正できたとき、きっと自然とセミナージプシーを降り、成功への地道な第一歩を踏み出せるようになるのです。

(文/税理士・心理セラピスト 鈴木まゆ子)