メルセデス・ベンツ日本株式会社は、2016年7月27日に新型「Eクラス」をフルモデルチェンジし、同日から販売を開始しました。

1

ホイールベースを65mm伸ばしたことで得た優雅なスタイリングに加えて、インテリアの仕立ても刷新し、2つの高精細12.3インチワイドディスプレイを搭載。その仕立ての質感を大幅に向上させてきました。

しかし、新型「Eクラス」の真骨頂は「ドライブパイロット」と称する安全運転支援システムをはじめとした、自動運転技術の充実であります。

車両のほぼ360°をカバーするセンサーとカメラで先行車を検出し、状況に応じてアクセル、ブレーキ、ステアリングを自動でアシストすることでドライバーの負担を軽減する機能を強化。高速道路を走っている際にウインカーを2秒以上点滅させると自動で車線変更が行なわれます。

また、駐車支援システムの「パーキング・パイロット」も機能を強化。約35km/h以下で走行中に駐車スペースを自動で検出。ステアリングや速度調整はもちろん、シフトチェンジも自動で行なわれます。

この新型「Eクラス」の魅力を感じられる動画が公開されました。

高層ビル街を走るクルマは自動運転のコンセプトモデル「F015 Luxury in Motion」。その横を颯爽と過ぎ去った新型「Eクラス」は、そのまま街を突き進んでいきます。

コーナーに差し掛かった瞬間に、ドライバーがステアリングから手を離してもクルマは路上を適切に走り続け、最終的には駐車スペースにピタリと完璧な自動駐車を披露しています。

動画を見るにはこちら

自動駐車中にドライバーは身だしなみを整えるなど時間を有効活用。動画の冒頭に登場する「F015 Luxury in Motion」の車内で家族が楽しんでいるように、自動運転がもたらす利点にはこれからも目が離せません。

ただし、現状では「完全」自動運転ではありませんので、システムを利用する際はくれぐれもご注意を!

(今 総一郎)

メルセデス・ベンツの最先端技術をすべて注いだ新型Eクラス【動画】(http://clicccar.com/2016/08/02/389612/)