花嫁も出席者も全員ゾンビ! ドラマ『ウォーキング・デッド』が大好きな花婿が「ゾンビウェディング」ムービーを制作したんだって…

写真拡大

アメリカアメフト界の人気選手、ディアンジェロ・ウィリアムス(DeAngelo Williams)さんが、このたびめでたく結婚式をあげました。

だけどこの結婚式が、ぜーんぜん普通じゃない! ウィリアムスさんがツイッターへ投稿した映像がすさまじいのです。

【早く逃げてーーー!!】

超大手スポーツチャンネル「ESPN」が協力して撮影されたという映像。冒頭に映るのは、タキシードに身を包んだ新郎、ウィリアムスさんが、何者かから逃げ惑う姿です。

その後すぐさま視界に入ってきたのは、大量のゾンビたち! あっという間に囲まれたウィリアムスさんは、彼らの餌食に。そして、自らもゾンビとなってしまったウィリアムスさんと新婦リザリン(Risalyn)さんが永遠の愛を誓う……という内容になっています。

【ドラマの世界を現実のものにした新郎】

ネットメディア Mashable によると、ウィリアムスさんは大のホラー映画好き。なかでも特に、人気 “ゾンビ” ドラマ『ウォーキング・デッド』の熱烈なファンなのだそう。

このドラマをイメージしたウェディングフォトを撮りたいと計画していたものの、アメフトのシーズン中だったためスケジュール調整がうまくいかず、願いは叶わなかったのだそうです。

どうしても諦めきれなかったウィリアムスさんは、結婚式が終わった後に、出席者に協力してもらったうえで、このウェディング “ゾンビ” ムービーを撮影したんですって。なんという執念!

【新婦の友だちの説得が大変だった】

ちなみに、撮影で最も大変だったのは、新婦の友人にゾンビになってもらうよう説得することだったとか。NFL公式サイトによると、ウィリアムスさんが「新婦の友人だからゾンビにならないといけない」と、強引に巻き込んだようですね……。

そりゃ突然ゾンビになれって言われても、よほど好きでなければ、女子ならフツー戸惑いますわな。

【間違いなく、思い出に残る結婚式になったことでしょう】

新郎新婦はもちろん、出演者全員がゾンビ。「僕はゾンビになっただけでなく、夫になった。不思議な気分だよ」とウィリアムスさんは満足げ。

そうね、ウェディングドレス姿でゾンビになることに協力してくれる女性を妻にできたウィリアムスさんは、本当に幸せ者だと思います。2人とも末永く、お幸せにね♪

参照元:Twitter @DeAngeloRB、Mashable、NFL.com
執筆=田端あんじ (c)Pouch

関連ツイートはこちら