リオ五輪アメリカ代表ユニフォームが発表、ポロ ラルフローレンがデザイン

写真拡大

 「ポロ ラルフローレン(Polo Ralph Lauren)」が、現地時間8月5日に迫ったリオ五輪の開会式でアメリカ選手団が着用する入場行進用公式ユニフォームを発表した。 ポロ ラルフローレンがアメリカ代表ユニフォームを発表の画像を拡大

 「ポロ ラルフローレン」は2008年大会以来、オリンピックとパラリンピックアメリカチーム公式アウトフィッターとして、行進用ユニフォームと男子用・女子用・子供用スポーツウエアコレクションのデザインを手がけてきた。 今大会のアメリカチーム入場行進用のユニフォームは、フレッシュかつスポーティーでクラシックな要素を取り入れつつ、レッド、ホワイト、ブルーのナショナルカラーにクローズアップ。クラシックなストライプのTシャツにセルビッジデニムのホワイトジーンズと、ポロのシグネチャーエンブロイダリーをあしらったネイビーカラーのブレザーを組み合わせた。また、旗手用ジャケットはシリコンバレーで開発された革新的なアパレルテクノロジーを採用し、明るく照らし出される仕掛けが施された特別仕様になっているという。旗手を務めるアスリートは、開会式前日までにチームメイトの投票によって選出される予定。コレクションは、公式オンラインショップやアメリカ国内の一部の百貨店などで販売される。同ブランドは閉会式で選手団が着用するユニフォームも発表している。関連ニュース>>【まとめ】どの国がおしゃれ?リオ五輪に向けて各国のユニフォームが続々発表