ジャパンブランドが強力タッグ!オニツカ×岡山デニムのスニーカー

写真拡大

シンプル&スタイリッシュなデザインと優れた機能性で、人気の高い日本のシューズブランド「オニツカタイガー」。

そして、デニム生地・製品の質の良さで評判が高く、ファクトリーブランドが続々と立ち上がっている「岡山産のデニム」。

海外でも評価が高く、人気を集めているこの2つのアイテムが、このたびコラボレーションして新しいシューズが生まれました。

名作「MEXICO 66」をベースにディテールにもこだわる

アシックスジャパンから、 「オニツカタイガー」ブランドで、 日本のデニム生地「OKAYAMA DENIM」を使用したシューズが発売になりました。

オニツカタイガーを代表するモデル「MEXICO 66(メキシコ 66)」に「岡山デニム」。今までとは一味違う表情を見せるスニーカーになっています。

アッパー(甲被)全体にデニムを使い、独特の風合いを付加したほか、ベロと履き口に切りっぱなしのディテールを用いるなどハンドメイドの温もりを感じさえてくれます。

カラーは、デニムの定番であるインディゴブルーとホワイトの2タイプ。

インディゴブルーは、 デニムの素材感や粗めのステッチ使いなどが、 レトロ感のある「MEXICO 66」のフォルムとあいまって、豊かな表情を生み出しています。生地は薄手で軽く、夏でも軽快に履きこなせそう。

ホワイトは、一見するとキャンバス地のようにも映る意外性が新鮮です。人気のホワイトスニーカーの中でも、デニムならでは風合いと素材感を楽しめ、上品なアイテムとのコーディネートも可能です。

20160801_onitsuka01

価格はそれぞれ1万2960円。

ところで、「岡山デニム」って何?と思っている方もいることでしょう。ジーンズ好きには常識かもしれませんが、「岡山デニム」とは世界的に評価されている岡山産のジーンズのことです。

そもそも、日本のジーンズの加工技術は、世界1位と言われるほど洗練されているのです。なかでも岡山県は、生産量や独自ブランドの多さなどから、「ジーンズの聖地」、「ジーンズのシリコンバレー」と言われているほどに有名なのです。

世界に誇れる日本ブランドの新しいスニーカーシューズ。この夏、足下にちょっとこだわってみるのもいいかもですね!

オニツカタイガー >> http://www.onitsukatiger.com/ja-jp

(文/&GP編集部)