発表会で新パターを実際に打って見せた永野(撮影:山代厚男)

写真拡大

 2日(火)、ピンゴルフが都内で新製品発表会を行い、同社の契約プロ永野竜太郎、塚田好宣らが出席した。永野は今回発表された新アイアンを先月末の「ダンロップ・スリクソン福島オープン」から、新パターは先月頭の「日本プロゴルフ選手権 日清カップヌードル杯」から実戦に投入している。
男子ツアーの特選フォトギャラリー!
 今季はここまでトップ10フィニッシュが4回。2,000万以上を稼ぎ、シード権は手中にしているが、ここまでの結果に「まったく満足はしていない」ときっぱりと言い切った。むしろ、「悔しい気持ちのほうが大きいです」と悲願のツアー初優勝を果たせていない口惜しさのほうが強いという。
 今週から3試合男子ツアーはオープンウィーク。永野は今週開催される地方オープンの「九州オープン」に出場予定。その後は8月25日(木)開幕の「RIZAP KBCオーガスタ」に向けて「試合が続くと、疲労のことを考えると球数が打てないけど。試合がないこの時期は打ち込めるので」。先月から投入した新兵器を「しっかり手に馴染ませたい」、じっくり調整していく。
 「秋のビッグトーナメントで優勝争いに絡んで、勝ちたい」。今季のうちに勝利の美酒を味わうには、この夏にどこまで自分を追い込めるかにかかってきそうだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>