使い方を間違えると逆に乾燥するかも

写真拡大

ミスト化粧水とは、スプレータイプの化粧水のこと。とても便利だけど、使い方を間違えると逆に乾燥しちゃうことも。ミスト化粧水の特徴を知って正しい使い方をマスターしよう!

■ ミスト化粧水は成分が染み込みやすいのがメリット

ミスト化粧水は粒子が細かいので、肌にすぐ浸透してくれる。つまり、短時間で成分が染み込むということ!均一になじませることができるのもスプレータイプならでは。また、いつでもどこでも気軽に使えるところが◎。手の届かない背中にも使えちゃう。

■ ミスト化粧水は蒸発しやすいデメリットも

ミスト化粧水の多くはほとんどが水でできている。細かく噴射できるように保湿成分は控えめ。そのため水分を与えても蒸発しやすいというデメリットが。このとき肌内部の水分も一緒に奪ってしまうため乾燥しやすくなる。さらに使いすぎると必要な皮脂まで流してしまうことも。潤いを与えたつもりが、お肌が砂漠状態になって乾燥肌を悪化させてしまう。

ミスト化粧水はメリットもデメリットもある。逆にいえば、うまく場面に合わせて使い分けをすることで効果的に使うことができるということ。OKシーンとNGシーンを見てみよう。

■ OKシーン1:朝のメイクの仕上げに

ベースメイクをした後にひと吹きするとファンデやパウダーが水分となじんで肌に密着。仕上がりがキレイに♪このとき、必ずティッシュオフすること。余分な水分を肌に残さないことで乾燥を防ぐことができる。ちょっとの手間で、化粧もちもアップ♪

■ OKシーン2:毎日のお化粧直しに

ミスト化粧水はメイク直しのときに便利なアイテム。メイクの上から素早く水分を与えられて、メイクを崩さずに肌をいったんリセットできる。ミストを噴射したあとは乳液などの保湿成分を与えることがポイント。この上にファンデやパウダーをのせればカサカサ肌にならない。

■ NGシーン1:乾燥しているときにサッとひと吹きはNG

保湿をしようと、ミスト化粧水をつけただけにするのは×。つけたそばから蒸発して、余計に乾燥してしまう。お肌の水分を守りたいときは、化粧水を使った上から、乳液、美容液でフタをして。

■ NGシーン2:乾燥肌には不向き。使うときはクリーム系乳液と一緒に

乾燥肌の人は、肌の皮脂が不足しがち。油分がなければ、ミスト化粧水を使ってもどんどん蒸発してしまう。ミスト化粧水を使うときは保湿効果の高いクリーム系の乳液、美容液を一緒に使おう。

使い方を守れば、ミスト化粧水はとっても便利。シーンや肌質に合わせて、ミスト化粧水を賢く使おう♪

(image by ぱくたそ)
(著:nanapiユーザー・ls2016 編集:nanapi編集部)