デジタルマーケティングの広告賞「コードアワード2016」贈賞式を開催

写真拡大 (全3枚)

D2Cは、デジタルマーケティングの広告賞「コードアワード2016」の贈賞式を7月27日(水)、D2Cホール(東京都中央区銀座)にて開催した。

コードアワードは、デジタルを介して創造した「体験(エクスピリエンス)」により成功したマーケティングコミュニケーション事例を広く募集し、その秀逸な施策を企画・実施したチームを称え、世の中に発信するアワード。

今年は、2015年4月1日から2016年3月31日の期間に実施/開始された各種デジタルを活用したマーケティングコミュニケーションの事例を対象とし、国内外から合計139件の作品応募があり、その中から12作品が各賞を受賞した。

冒頭に、主催者を代表して挨拶したD2Cの宝珠山卓志代表取締役社長は、「eMarketerの調査によると米国では、2020年にモバイル広告費がテレビ広告費と並ぶと言われています。モバイル広告の重要性が増している。」と語った。

贈賞式では、すでに受賞が発表されていた12作品の表彰に加え、一般からのインターネット投票より選ばれた「パブリックベスト賞」を発表した。その栄えある「パブリックベスト賞」を受賞した作品は、メルセデス・ベンツ日本の「Next Stage with You」。メルセデス・ベンツ日本は、従来のマス媒体よりもスマートフォンの接触時間が長い若年層に向けた、新たなマーケティング手法を求め、Perfume×貞本義行×中田ヤスタカのコラボレーションによるiPhone向けアプリ「Next Stage with You」を開発・提供。アプリのダウンロード数は2万、告知関連のムービーの再生回数は400万回を越えた。

また、スマートフォンがジャックされたような感覚のMVで「ベスト・ユース・オブ・メディア」を受賞した「Native Mobile Music Video」(キングレコード)の表彰の際には、「Lyrical School(リリカルスクール)」のメンバーも駆けつけた。制作チームと一緒に登壇したメンバーの中から代表し、挨拶したリーダーのayakaは、「制作チームの皆さんのおかげで、私たちのメジャーデビューシングル曲『RUN and RUN』が素敵な賞を頂くことができ本当に光栄に思ってます。どうもありがとうございます。」とコメント。

今回、審査員長を務めたTBWA HAKUHODOのチーフ クリエイティブ オフィサーである佐藤カズ―氏は、冒頭の挨拶で「今回のコードアワードの審査会に費やした時間は、史上最長だったと思う。そして、タイや中国といった海外からのエントリーが初めてあり、海外から審査員を招聘したことも初めての試みだった。現在ヒットしているポケモンGOのようなデジタルコンテンツに国境はないし、今後ますます増えてくるのではないか。今年のコードアワードはグローバル視点をもち、グランプリ無しという審査的には厳しい結果になったが、来年以降は、より強いデジタルエキスペリエンスをもたらしてくれるような、グローバル基準の作品が産まれてくることを期待している。」と語った。

●審査員
<審査員長>
佐藤 カズー:TBWA HAKUHODO チーフ クリエイティブ オフィサー
<審査員>
伊藤 直樹:PARTY クリエイティブディレクター
キリーロバ・ナージャ:電通 電通総研Bチーム クリエーティブ/コピーライター
ジョン・メリーフィールド ※贈賞式は欠席:Google Inc. チーフ・クリエイティブ・オフィサー グーグル・アジアパシフィック
田中 里沙:宣伝会議 事業構想大学院大学学長/宣伝会議取締役 メディア情報統括
築地 Roy 良:BIRDMAN 代表/クリエイティブディレクター
橋田 和明:博報堂ケトル クリエイティブディレクター
深津 貴之 ※贈賞式は欠席:THE GUILD インタラクティブデザイナー/ファウンダー
坊垣 佳奈:サイバーエージェント・クラウドファンディング 取締役
※敬称略、五十音順

●「コードアワード2016」受賞作品 一覧
賞 作品名 広告主企業
グランプリ ※該当作品なし ―
ベスト・イノベーション G?U?M PLAY:サンスター
ベスト・クラフト GREEN NAME:KIRIN
ベスト・イフェクティブ GIGA Selfie:オーストラリア政府観光局
ベスト・ユース・オブ・メディア Native Mobile Music Video:キングレコード
ベスト・ユース・オブ・データ ※該当作品なし ―
審査員特別賞 INTELLIGENT PARKING CHAIR:日産自動車
グッド・イノベーション mineoフリータンク:ケイ・オプティコム
グッド・クラフト:Deja vu | KAMRA インビジブル・デザインズ・ラボ
グッド・イフェクティブ:INTELLIGENT PARKING CHAIR:日産自動車
グッド・ユース・オブ・メディア
※2作品選出:くばら あごだしチャレンジ:久原本家グループ本社
Family Reminder:江崎グリコ
グッド・ユース・オブ・データ
※3作品選出:長崎新聞配達ルート データMAP化
プロジェクト「The Way」:長崎新聞社
YASKAWA BUSHIDO PROJECT:安川電機
エゴサーチ採用:面白法人カヤック
パブリックベスト:Next Stage with You:メルセデス・ベンツ


■コードアワード2016

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・森美術館、「宇宙と芸術展:かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ」を開催
・新宿「NEWoMan」で人気の“手土産ランキング”
・「芸能人とあそべる生放送」視聴者参加型ライブ配信サービス 「AMESTAGE」を提供開始
・「GRAVITY DAZE 2」のスペシャルアニメをスタジオカラーが制作
・イチロー選手MLB3,000本安打達成記念プレミアムフレーム切手セットが登場