キラキラしてなくても!多忙女子が「今スグできる夏っぽいコト」3つ

写真拡大

季節感あふれるスポーツドリンクやビールのCMをみて、「何か夏らしいことがしたい!」とソワソワしている女性はこの時期多いのではないでしょうか?

海辺で彼氏と制服デート。複数カップルでバーベキュー。最新トレンドの水着を着て、プールやビーチでデート。浴衣を着て花火や夏祭り。「いいなあ……」と妄想は膨らむばかり。

しかし現実はというと、毎日仕事に追われ、出会いもゼロ。

今はパートナーも好きな人もいないし仕事も忙しいから、こんな典型的な“キラキラした夏”を過ごすのはムリだろうなあ……とため息をついている人も多いかもしれません。

でも、あきらめるのは早い!

毎日仕事しかしてなくても、彼氏がいなくても、工夫次第で、“夏っぽい”過ごし方は可能です。

そこで今回は、忙しい働き女子でもカンタンに夏を満喫できる方法をご紹介します。

■1: スイカ、ゆでトウモロコシ、枝豆を食べる。縁側で食べればなお可

手っ取り早く季節感を味わえるものと言えば、やはり食べ物。

仕事帰りにスーパーでスイカとトウモロコシ、枝豆を買って帰りましょう。

すべて“切るだけ”“茹でるだけ”なので、多忙かつお疲れモードの働き女子でも平日に気軽に調理できます。

休日の昼間なら、昔ながらの日本家屋の縁側で食べるとより夏らしさアップ(さらに夏を感じるための小道具として、風鈴と蚊取り線香も!)。

縁側のある家に住んでいる方は、いつもご飯を食べている台所から縁側に移動してスイカなどを食べるだけでも、かなり夏気分を味わえますよ!

■2: 読書の夏を満喫! 丁寧にいれたアイスコーヒーを飲みながら文学作品を読む

いつもは仕事関係の資料やビジネス書ばかりを読んでいる働き女子も、ひさびさに“読書の夏”を満喫してみませんか?

学生時代に使っていた“国語便覧”をひっぱり出して、手つかずだった昭和の文豪の名作を調べて読んでみるというのも、地味ではありますが十分夏らしい過ごし方と言えるかも。

他にも、ミステリーやラブストーリーなどさまざまなジャンルから、自分が「夏っぽい!」と思えるものをセレクトしてみては?

そして、読書のお供には丁寧にいれたアイスコーヒーを。

溶けかけの氷がカランと音を立てるのをBGMに読書に没頭するのも、とっても“夏らしい”ですよね。

■3: アイス枕でゴロゴロしながら映画鑑賞! 途中でうたた寝してももちろんOK

クーラー代を節約しつつ涼しく過ごしたいという方は、アイス枕を活用してひんやり快適にくつろいでみては?

女性は髪の長い人が多いので、夏場横になると後頭部から首にかけて熱がこもりやすく寝苦しい思いをしている人も多いよう。

冷たくて気持ちいいアイス枕で後頭部を冷やしつつ、映画鑑賞するのも楽しいものです。

途中でうたた寝してしまったとしても、そんな自分を許してあげましょう。

「夏の睡眠不足を解消するべく、これから睡眠をとるぞ」と気合いを入れて眠る時よりも、映画やドラマを観ながらうたた寝するほうがなぜか数倍気持ちよかったりするものですよね。

以上、今はパートナーのいない多忙女子でも、今すぐカンタンに“夏を満喫”できる方法をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

平日の夜や週末など、少し時間があいた時にぜひ試して“夏を感じて”みてくださいね。