女子が見た驚愕の「逆セクハラ」5選 「生理が上がってるからいつでも大丈夫」ほか

写真拡大

職場でのセクハラは重要な問題として認知されつつあります。しかし近年ではそれ以外の問題も表面化。女性から男性に対する「逆セクハラ」も話題となっていますよね。これまでは「被害者」にまわることが多かった女性が、まさかの「加害者」に……!? 無意識に周囲を不快にさせないためには知識が重要! そこで今回は働く女性たちが見た「逆セクハラ」に関するエピソードを聞きました。

■プライベートに踏み込む

・「彼女の有無から今後結婚への考えについてなど聞きまくる」(34歳/その他/販売職・サービス系)

・「彼女できたの?とか、最近あった女関係で面白い話をしてと聞くときがあるから、控えめにしておこうと思う」(29歳/情報・IT/事務系専門職)

男性の女性関係を根掘り葉掘り……! 「男性だから大丈夫」と軽く考えるのは禁物です。プライベートに踏み込まれるのを嫌うのは、男女共通の感覚。「自分ならどう思うか」という視点を忘れないようにしたいものです。

■デートに誘う

・「女の先輩が、新入社員のことをとても気に入ってデートに誘ってた」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「連絡先を教えてとか、いつ2人で飲みに行ってくれるのーとかうるさく言っていた」(31歳/電機/事務系専門職)

先輩からの誘いを断りにくい気持ち、痛いほどわかります。嫌だと思っていても言い出せないとしたら……男女どちらにもいい結果はもたらしませんよね。

■男だからと決めつける

・「肉体仕事は男がやるべき、キレやすい人と仕事を組むときは男に代わってもらうべき……等」(26歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

・「職場で机を運ぶときに、女性社員が男性社員に『こういうことは男がやって』と言っていた」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

「女性だから」とひとくくりにされるのを嫌う一方で、「男性だから」というだけで相手を決めつけてしまうことはありませんか? これも立派なセクハラです。相手自身を見ていない証拠でもありますから、性別にこだわらない努力も必要だといえますよね。

■下ネタにうんざり!

・「童貞っぽいよねとからかってる人がいた」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「飲み会のときに、男性社員もいる中で酔った勢いで下ネタをずっと言っていた後輩女性」(29歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

「女性だから下ネタを言っても許される!」ということは、決してありません。下ネタにのってくれる人もいれば、露骨に嫌な顔をする人もいるはず。男女問わず、冷静に判断できるといいですね。

■冗談との境目があいまい

・「年配の女性が『生理が上がってるからいつでも大丈夫よ!』と若い男の子に言ったらしいです。セクハラではなく冗談になります。笑いの多い職場です」(30歳/自動車関連/その他)

セクハラと冗談との境目は非常にあいまいなもの。受け取り手の感じ方ひとつで、いかようにもなってしまいます。これまで男性側が接し方に悩んできたように、女性側もきちんと考えるべきなのでしょう。

■まとめ

逆セクハラも、セクハラと同じように問題です。男女ともに気持ちよく仕事をするためにも、自身の行動をきちんと管理した方がよさそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数200件(25〜35歳の働く女性)