青山骨董通り店の店内イメージ

写真拡大

アメリカ発のメキシカン・ファーストフード「タコベル」の新店舗が続々登場しています。

2016年7月4日には青山骨董通り店、7月29日にはアクアシティお台場店がオープンしました。

先着でトートバックプレゼント中

トウモロコシの粉や小麦粉を焼いたトルティーヤに肉やレタス、チェダーチーズなどの具材を入れた「タコス」、お好みの肉、サルサ、ライスと野菜をトルティーヤで巻いた「ブリトー」をはじめ、たっぷりのチーズを使った「ケサディーヤ」、具材を層にして6角形に包んだ「クランチラップ」など、これまで渋谷の道玄坂と汐留でしか食べられなかったタコベルのメニューが青山とお台場でも楽しめます。

日本限定メニューの「シュリンプ&アボカドブリトー」「タコライス」もあるのでぜひお試しを。青山骨董通り店は、ショッピングエリアでもあるので買い物の途中に立ち寄りやすそう。

場所は東京都港区南青山5-10-1 H2 AOYAMAビル2F、営業時間は平日が7時30分から22時、土日祝日が9時から21時です。

アクアシティお台場店は「TACO BELL」誕生の地をイメージしたロケーション「アクアシティお台場店」は、タコベル誕生の地・カリフォルニアをイメージさせる開放感のあるロケーションです。

場所はアクアシティお台場3Fで、営業時間は10時から23時です。

アクアシティお台場店では、8月4日まで毎日先着20人にタコベルオリジナルトートバックをプレゼントしているので要チェック。

詳細は公式サイトへ。