事故で失神するも仲間のマッサージなどで意識を取り戻したハムスター=警察提供

写真拡大

(高雄 2日 中央社)事故で失神したハムスターを仲間がマッサージし介抱する。そんな出来事が高雄市で起きた。一部始終を見ていた警察官は「摩訶不思議」と驚いている。

きっかけは2日早朝に高雄市警苓雅分局三多派出所前で発生した事故。女性2人とハムスター2匹が入ったかごを乗せたスクーターが、男性が運転する車と衝突し、女性2人とハムスターが路上に投げ出された。

派出所の警察官があわてて様子を見に行くと、女性らは痛みで立ち上がれない状態。「ハムスターを助けて」といわれ、119番通報するのと同時にかごの外に飛び出たハムスターを回収。派出所で保護した。

ハムスター2匹のうち、1匹は事故の衝撃で失神。どうしようかと考えていると、状況を察知したもう1匹が駆け寄り、背中をさするようにマッサージしだしたという。間もなく意識を回復させると、2匹はかごの中を駆け回り始めた。

「ハムスターはマッサージができて、仲間を助けることもできるんだ」(救助の警察官)

ハムスター2匹にけがはなかった。その後飼い主の女性の知り合いが引き取りにきたという。警察は安全運転を呼びかけている。

(程啓峰/編集:齊藤啓介)