南投県政府提供

写真拡大

(南投 2日 中央社)観光地、日月潭を有し、紅茶の産地としても知られている南投県魚池郷。同郷農会(農協)は来訪者に紅茶文化に対する理解を深めてもらおうと、紅茶をテーマにした施設「日月潭紅茶館」を郷内に建設する。1日に行われた着工式に出席した林明シン県長は、施設を通じて国内外の観光客を引き付け、地域の発展につなげられればと期待を示した。(シン=さんずいに秦)

施設は地下1階、地上5階建てで、延べ床面積は1165坪に上る。完成は来年末を予定。館内には観光工場や製茶体験コーナー、レストラン、農産品展示販売所などが設置される。

(蕭博陽/編集:名切千絵)