「助けて!」間違い電話で救助を求めたおばあちゃん…駆けつけた「見ず知らずの男性」に称賛の声

写真拡大

英国の歌手、シェリル・フェルナンデス=ベルシーニの親戚がFacebookに投稿した心温まる話が話題になっています。

浴槽で転倒

投稿したのはシェリルの従兄の妻、サラ・トゥイーディーさん。

ある日、サラさんの祖母が浴槽にお湯をはっている途中で転倒し、頭を打ってしまったそう。

BMWのディーラーに間違い電話

祖母はパニックになり、娘(サラさんの母親)に電話…したと思ったのですが、慌てていたため間違い電話をしてしまいました。

かかったのはBMWのディーラーの受け付けでした。

その受け付けから、年配女性が助けを求めていると聞いたダン・ヴォンさんは躊躇せず車に乗って助けにいったそうです。

顔から血を流し…

電話で場所を聞きながら家に到着し、ノックをするとカギかかかっていなかったため、「一刻を争うと考え」中に入ったといいます。

バスルームには、お湯があふれ出している浴槽の横で、顔から血を流しているショック状態の女性が…。

ヴォンさんは女性を抱え、ソファに寝かせて家族に連絡。家族が来るまで付き添ったそうです。

家族が来てもう安心とわかると、ヴォンさんはすぐ会社に引き返して仕事に戻りました。

「誰でも同じことをした」

「誰でも同じことをしたと思う。お年寄りだったしね。他のことを思いつかなかったんだ」とヴォンさん。

LinkedIn

LinkedIn

近隣のつながりが深い地域で育ったというヴォンさんは「あそこの出身の人ならだれでも同じことをしたよ」と話しています。

「どんなに感謝しても足りない」

サラさんは投稿の中で、ヴォンさんが助けに行ってくれなければ、祖母は少なくとも2時間ほどはそのままだっただろうと言っています。

そして「どんなに感謝しても足りない」と。

この投稿には、ヴォンさんを称える声が続々と寄せられ、中には「彼を小さいころから知っているけれど、そのころから優しい子だった」というコメントも。

「いいね!」の数は2日ほどで3万7,000以上にのぼっています。