世界を飛び回る人のための美しき「ワールドタイマー」3選

写真拡大

時差の計算をせずに、世界中の現在時刻がわかる「ワールドタイマー」。『WIRED』UK版が世界を飛び回る人におすすめする、3つの魅力的な腕時計を紹介。

「世界を飛び回る人のための美しき「ワールドタイマー」3選」の写真・リンク付きの記事はこちら

1. DB25 World Traveller

ニューカレドニアの首都ヌメアに行ったことがあるだろうか? 人がほとんど住んでいない、南大西洋のイギリス領、サウスジョージア島やサウスサンドイッチ諸島はどうだろうか?

多くのワールドタイマー(時差の計算をせずに世界各地の現在時刻がわかるもの)型腕時計では、その文字盤に、有益なタイムゾーンだけでなく、こうした僻地の名称も並んでいる。

「『スタートレック』と、メイフェア地区(ロンドンの高級住宅地)のメンバーズクラブが出合った」ような美学をもつスイスの独立系高級腕時計ブランドDe Bethune(ドゥ・ベトゥーン)が発表した「DB25 World Traveller」は、ワールドタイマーとしてはデザインがシンプルで、頻繁に訪れる都市名を並べることができる。

DB25では、文字盤をぐるりと周回する溝の中に小さな球があり、それが「2つ目のタイムゾーン」を指している。半分が青、半分が金色のこの球は12時間毎に回転し、そこが昼なのか夜なのかを示す。

900-1

8,200ポンド(約110万円)。PHOTOGRAPH COURTESY OF IWC PILOT

2. Watch Timezoner Chronograph

ドゥ・ベトゥーンのクセのある美学を支持する人なら、IWC
パイロットの「Watch Timezoner Chronograph」も好みかもしれない。インディー系ブランドのボガードから2014年に入手した特許を利用して、第2のタイムゾーンを設定する回転ベゼル(時計外周のリング状のパーツ)を採用している。

(時間を知るためには)ベゼルを押して、希望の都市へと回転させるだけでいい。複数の経過時間を測るためのフライバック・クロノグラフ(針のストップ・リセット・再スタートをひとつのボタンで行える機能)も搭載している。

4810 Orbis Terrarum。5,890ユーロ(約67万円)。

3. 4810 Orbis Terrarum

世界中を飛び回る魅力と、クセのある見た目の両方を兼ね備えたのが、モンブランの「4810 Orbis Terrarum」だ。

文字盤は2段になっており、(時計の周囲に見える)青の半円は夜の場所を示している。世界地図は北極から見た形をしており、実に心に残る腕時計になった。

RELATED