暑い夏は少しでも涼しさを感じたいですよね。そんな夏におすすめなドライブ先が滝。少しでも暑さを忘れられる場所でもあり、自然豊かな場所がとても多いですよ。

■幅150mにも及ぶ滝「白糸の滝」

1

場所は静岡県富士宮市です。まるで絹糸のような落ち具合から「白糸の滝」と名づけられました。約150mの岩壁に沿って流れ落ちる1本1本の滝は絶景そのもの。ここまで幅広い滝を見れることはなかなかできません。そのダイナミックさには思わず目を奪われること間違いなしかと思います。

■日本の滝百選と日本三名瀑にも選ばれている「袋田の滝」

場所は茨城県大子町になります。夏は虹が架かることもあり、自然ならではのコラボレーションを見ることも可能です。4段になっている岩壁から流れ落ちるため「四度の滝」という別名もあります。高さ約120mから流れ落ちてくる滝の迫力は圧巻そのものです。

■神秘的な雰囲気溢れる秘境「濃溝の滝」

場所は千葉県君津市です。実は清水渓流公園内にある滝とのことで、意外な場所にあるというのも話題。その濃溝の滝の魅力といえば、公園内にあるとは思えないほどの神秘的な空間。あの人気アニメーション映画でもあるジブリに登場するような世界観と話題です。特に朝方には朝日が差し込むため、おすすめの時間帯。

■川が裂けているように見える「吹割の滝」

場所は群馬県沼田市になります。「東洋のナイアガラ」と呼ばれているほど迫力満点の滝でもあり、国の天然記念物です。近くで見ることもできますが、第1観瀑台では滝を高い位置から見ることができ、間近で見るのとは違った迫力を感じることができますよ。

■華厳の滝以外の栃木県名物滝「竜頭の滝」

場所は栃木県日光市です。栃木県と言えば「華厳の滝」が有名ですが、日光周辺には多くの滝があります。2つの岩から流れてくれるその滝は、まるで竜の頭のように見えるためその名がなづけられました。上からは展望台、下から茶屋から眺めるなど様々な見方をすることができます。

都会の喧騒や暑さを少しでも忘れるために、滝はおすすめの観光スポットでもありますよ。

(鈴木 唯)

夏のドライブにおすすめ!都内から行きやすい滝名所5選(http://clicccar.com/2016/08/02/389213/)