写真右端から時計回りに、豚足のコロッケ生ハム添え、赤ピーマンとツナ入りポテトサラダ、ナスとひき肉のグリル、熊本産馬肉フィレのタルタルにトリュフ添えなど。自家製のからすみやシェフの実家で作られた夏野菜も並ぶ8品。内容はその時々で変わる。3800円(税別)〜トルナヴェント東京都港区西麻布3―21―14 覚張ビルB1F営業時間/ランチ12:00〜14:30(2人から。前日までに要予約)、ディナー18:00〜21:30L.O.要予約定休日 月曜(撮影/写真部・松永卓也)

写真拡大

 著名人がその人生において最も記憶に残る食を紹介する連載「人生の晩餐」。今回、俳優の前田美波里さんが選んだのは、「トルナヴェントの前菜の盛り合わせ」だ。

*  *  *
 私ね、体が大きいせいか、よく食べるんですよ。でも、お金をかけるのは不得意で(笑)。だから普段は、自分で作ることのほうが多いんですが、このお店は大切な方と過ごしたいときによく利用させてもらっています。そろそろ10年のお付き合いかしら。小ぢんまりとして、気持ちが行き届いていて。まるでオーナーシェフ夫妻の自宅にお邪魔しているようです。

 イタリア北部、ピエモンテ州の料理が中心で、季節によって、シカやウサギ、カエルなんかも出てきます。そしてこの前菜! 黒板にずらりと書かれたリストを前に、全部食べたい!って言ったら、「じゃあ、ご用意しましょうか」と。そうしてメニューになかった「盛り合わせ」が誕生したんです。内容はその時々で変わるんですが、どれもこれも美しくて手がこんでいて。特に野菜は、季節の味と香りが存分に楽しめて嬉しいですね。

 人生の締めくくりなら、こういう真心のある料理じゃないとね、としみじみ思わせてくれる味なんです。

東京都港区西麻布3−21−14 覚張ビルB1F/営業時間:ランチ12:00〜14:30(2人から。前日までに要予約)、ディナー18:00〜21:30L.O./要予約/定休日:月

週刊朝日 2016年8月5日号